京太郎と晴絵は同級生で

体育館

晴絵「ったく、なによ望のやつ誘っといて遅れるって」ガラッ

京太郎「俺が切り込んで相手を引き付けてパスを出すそれから」

モブ「シュートを決めてくれだろ」

京太郎「ああ、頼む」

ハンド部長「あいよ、お前ら須賀がケガ覚悟で行くんだ何がなんでも勝つぞ!!」

部員「おう!!」

晴絵「ハンドボールの試合だったんだ」

望「そうだよ」ヒョコ

晴絵「望あんたどこ行ってたのよ」

望「それより、ほら再開するよ」

モブ1「また、あいつだ来るぞ」

モブ2「全力で当たれ!」ガツン!

須賀「っ!おらっ」シュッ

ハンド部長「ナイス」パシッシュッ

ゴール

晴絵「すごいね、京太郎は」

晴絵「どんなにケガをしても強い相手と戦ってもめげずにいるんだから」

望「晴絵も十分すごいよ」

晴絵「私は全然ダメだよ、一回やられたくらいで怖くなって逃げたんだもん」

晴絵「その点京太郎は何回負けて立ち上がってすごいよ」

望「京太郎がさ、言ってたんだけどさ」

望「今の晴絵みたいにとんでもなく強い相手と戦って負けたときに声を掛けてくれた人がいたんだって」

晴絵「え?」

望「『たった一回壁に当たったくらいで折れるくらいならあんたの中でハンドボールはそれだけの物だったってことなんだね』って」

晴絵「それって」

望「この試合も相手は県内1位のとこなんだって、でも全員勝つ気でいる」

モブ1「ファウルしてでもいいからそいつを止めろ!」ガシッ

モブ2「やらせるか!」ガシッ

京太郎「あいつのためにも、負けられないんだよ!」シュッ…パス

審判「ゴール」

ピピーッ

審判「試合終了、阿知賀学院の勝ち」

京太郎「っしゃあー!」

モブ「やったぞ、須賀!」

京太郎「おう!」

京太郎キョロキョロ…!タタタ

京太郎「晴絵!俺は勝ったぞ、相手がどんなに強くても勝ったぞ!」

京太郎「だから、お前もまた麻雀やってくれよ!」

京太郎「麻雀やってるお前が好きだから!」

晴絵「うん」

カン

解説「今年のインターハイ競技麻雀団体女子の部、決勝戦開始いたします」

健夜「お願いします」ペコリ

晴絵「お願いします」ペコリ

晴絵「小鍛治さん」

健夜「何?」

晴絵「今日何があってもあなたを倒します」ゴッ

モイッコカン!