ゼロ「……」コーフォーコーフォー


咲「」

和「」

優希「」

咲「な 、なんか部室に黒ずくめの変態がいるんだけど」

和「落ち着いてください咲さん。あれはゼロ。コードギアスの主人公の衣装です」

優希「いや、元のネタが分かったところでなんの解決にもならねぇじぇ」

咲「元のネタを知らない人から見たら変態以外の何者でもないよ!?」

京太郎「…お前ら、なにしてんだ?部室の前で」

咲「助けて京ちゃん!!」

和「待ってました須賀くん!!」

優希「お前が来るのをまってたじぇ!!」

京太郎「なにこれ俺超帰りたい」


ゼロ「……」コーフォーコーフォー


京太郎「」

京太郎「部室にルルーシュいんだけど。マスクとマント着けてスタンバってるんですけど」

咲「頑張って京ちゃん!!」

優希「負けるな京太郎!!」

和「あれをどうにかしてくれたらほっぺにちゅーとバストタッチぐらいでしたら許します!!」

咲「…」ペタペタ

優希「くっ」

京太郎「やべえ退部届け出してえ」


ゼロ「たすけてー」


「「「「ひいいぃっ!?」」」」


ゼロ「わたしよー久よー」

京太郎「…すんません、うちの部長テロリストじゃないんですけど」

和「うちの部長と同じところヘタレな所だけなんですけど」

久「はったおすわよあんた達」


咲「えっと、どうして部長はそんな格好を?」

久「ほら、うちの学校今度文化祭じゃない」

久「それでねコスプレ麻雀教室を行って欲しいって校長に頼まれたのよ」

優希「なにしてんだ校長」

久「それでね、出来上がったコスプレの一着目が届いたから着てみたのよ」

久「そしたら…」

「「「「そしたら…?」」」」

久「マスク抜けなくなったの」

京太郎「バカだこの人!?」

和「フルフェイス型ですからね、相当暑いでしょうに」

久「うん。もう蒸れる蒸れる」

咲「あの、服だけでも脱ぎません?それ黒ずくめですし、暑いですよね?」

久「バカいっちゃいけないわ。この服装はマスクまで装着してはじめてフォーマルな服装になるのよ」

京太郎「フォーマルの使い方間違ってるしそんなフォーマル認めねぇよ」

優希「タコスうまー」

和「食べてないでこの人どうにかしてくださいゆーき」

久「いいわね、タコス。これ全然取れないからご飯食べれないし何も飲めないのよ」

京太郎「例え食べれたとしてもその格好じゃ学食だって入店拒否でしょうに」

久「あら失礼ね。むしろ顔パス余裕よ」

和「どうやって顔パスするんですか」

久「そりゃ…」

咲「部長?」

久「…酸素、足りない」




京太郎「やっぱ帰ればよかった」



カンッ!


このあと無茶苦茶サラダ油で引っ張った。まこさんが。京雅ください