穏乃「二人とも水臭いよなー、付き合ってるなんて知らなかったし」

京太郎「はは、俺は良かったんだが憧がどうしても恥ずかしいって聞かなくてさ」

憧「だ、だってハルエとか絶対からかってきそうだし…」

穏乃「それでもさ、私達小さい頃から一緒だったのに仲間はずれだなんて酷いじゃん」

京太郎「確かに悪かったよ、今度ラーメン奢るからさ」

穏乃「やったー!」

憧「もう、調子いいなぁ」

京太郎「そこが穏乃らしいとこだろ。それじゃあ俺ちょっと寄るとこあるからまた明日なー」

穏乃「約束忘れるなよー」

憧「またメールするからー」

穏乃「…」

憧「…」

穏乃「恥ずかしい、か」

憧「…なんか言いたいことでもあるわけ?」

穏乃「気付いてたんだろ?私が京太郎のこと好きだって」

憧「さぁね、だとしたら?」

穏乃「この、卑怯者」

憧「人聞きの悪いこと言わないでよ。別にシズは京太郎の彼女でもなんでもなかったでしょ?」

穏乃「でも!私の気持ち知ってたんだろ!?」

憧「…私ね、シズのこと大切な親友だと思ってる」

穏乃「え?」

憧「でもね、京太郎のことは絶対に諦めたくなかった。和がこっちに転校してきた時、京太郎が和にデレデレしててすごくムカついた」

穏乃「それは、うん。なんか面白くなかった」

憧「だからシズが和と麻雀するって阿知賀を復活させた時、もし京太郎がまた和と会って付き合ったりとかしたらどうしようってすごく不安だった」

穏乃「…知らなかった、憧がそんな風に思ってたなんて」

憧「同じ阿知賀にだってクロや宥姉がいるし、京太郎は違う高校だからそっちで好みの女の子がいるかもしれないんだよ?」

憧「他の女の子と一緒に歩いてる京太郎なんて、想像しただけで倒れそうだった」

穏乃「それで、告白したんだ」

憧「うん。フラれたら死のうとまで思ったけど、京太郎もいいよって言ってくれた」

穏乃「…やっぱりズルい!」

憧「何がよ!」

穏乃「ズルいもんはズルい!」

憧「わけわかんないわよ!」

穏乃「私だってラーメン奢ってもらう時に告白する!デートだし!」

憧「アホ言ってんじゃないわよ!二人きりで行かせる訳ないじゃない!」

穏乃「憧は遠慮しろよ!私にもいい思いさせろー!」

憧「女は行動力なのよ!自分の思いも最近まで自覚できなかったお子様に遠慮するわけないでしょ!?」

穏乃「なにをー!」 憧「なによ!」

京太郎「…何やってんだあいつら?」←用事を終わらせて帰る途中

カンッ