優希「おーい! 腹が減ったからタコスをよこすじぇー!」

京太郎「昼に作っておいた分があるだろ?」

優希「そんなのもう全部食べちまったじぇ」

和「はぁ…それだけ食べて太らないなんて…」ムニッ

優希「のどちゃんは全部こっちに行くから心配いらないじぇ!」モミッ

和「ひゃうんっ! 揉まないでください!」

京太郎「しかたないな…ちょっと作ってから待ってろ」

和「まったく優希は…良ければお手伝いしましょうか?」

京太郎「練習しなくていいのか?」

和「少々疲れましたから気分転換に…だめですか?」

京太郎「いや、手伝ってくれるならありがたいよ。じゃあ調理室行こうぜ」



京太郎「よし、サルサソースはどうだ?」

和「んっ…いい感じに仕上がってると思います」ペロッ

京太郎「じゃあ次は肉を炒めるぞ、フライパンに油を敷いて…」ドバァ

和「…あの須賀くん?」

京太郎「んっ…どうかしたか?」ドバドバ

和「私の目の錯覚でなければオリーブオイルを流し込んでいるように見えるのですが…」

京太郎「…そうだけどなにか問題でも?」ドバドバ

和「ありますよ! なんでオリーブオイルなんですかっ!」クワッ

京太郎「えっ…?」ピトッ

和「油といったらごま油に決まってるじゃないですか!」

京太郎「なに言ってるんだ? 油といったらオリーブ、これ宇宙の真理だろ」

和「うわぁ…これだからオリーブ厨は…」

京太郎「てかごま油って…百歩譲ってサラダ油ならまだわかるけどごま油はないわ…」

和「百歩譲ってサラダ油ならまだわかりますけどオリーブオイルはありませんね…」

京太郎「……」

和「……」

優希「あの…二人とも…」アセアセ

京太郎「もうちょっと待っててくれ、すぐいつもの美味しいタコス作ってやるから」ドバドバ

和「少し待ってください、いつもよりはるかに美味しいタコス作ってあげますから」ドバドバ

優希「ちょっと油の量が多すぎないか…」

京太郎「こうやって大量のオリーブオイルでひき肉を炒めることで美味さが倍増するんだよ」ドバドバドバドバ

和「こうやって大量のごま油でひき肉を炒めることで美味さが倍増するんですよ」ドバドバドバドバ

優希「ものには限度ってものがあるじぇ…」

京太郎「そしてひき肉に塩コショウや各種スパイスを加えて…」ファサー

和「炒め終わったらトルティーヤを電子レンジで温めて…」チーン

優希(あっ、トルティーヤは冷凍なのか…)

京太郎「レタス、トマト、チーズ、ひき肉を挟んでっと…」

和「それでサルサソースをかけて…」ドバァ

優希「おっ、ようやく完成か!」

京太郎「いや、まだ最後の仕上げが残っているぜ」

和「いえ、まだ最後の仕上げが残っています」

優希「まさか…」

京太郎「加熱すると香りが飛ぶから仕上げの追いオリーブだ!」ドバァ

和「加熱すると香りが飛ぶので仕上げの追いごま油です!」ドバァ

優希「うわぁ…」

京太郎「さあ! お前のために作った特性タコスだ!」

和「どっちのほうが美味しいか判定してください!」

優希「うぅっ…なんか怖いじぇ…」ガブッ

京太郎「どうだ…?」

優希「うん、普段どおりの美味しいタコスだじぇ…」モグモグ

和「さあさあ! 私のも食べてください!」

優希「料理上手なのどちゃんなだけあってさすがの美味しさだじぇ…」モグモグ

京太郎&和『それでどっちのほうが美味しい!!』

優希「うん…やっぱりオリーブオイルやごま油よりサラダ油のほうが数段美味いじぇ」

京太郎&和『はあっ!?』

カン!