久「みんな、遅いわねー」

京太郎「咲は図書委員で遅れるって言ってましたよ」

京太郎「和はなんか先生に呼ばれてるとかで……優希と染谷先輩はわかりません」

久「あら、そうなの? じゃあ、しばらくは二人麻雀するしかなさそうね」

京太郎「ですねー。染谷先輩はともかく優希はまたタコスでも漁ってるんですかね」

久「優希、ね……」

京太郎「?」

久「……そういえば須賀君、わたしのことなんて呼んでたっけ?」

京太郎「はい? 竹井先輩ですけど……最近ようやく部長って呼ばないこと慣れましたよ」

京太郎「最初はごっちゃになって大変だったなー」

久「……咲のことはなんて呼んでたっけ?」

京太郎「? 咲ですけど?」

久「和は?」

京太郎「和です」

久「優希……」

京太郎「優希ですね」

久「……(タンッッ」

京太郎(なんか急に牌の置き方が……)

久「……久」

京太郎「はい、あなたは竹井先輩ですね」

久「……(ダンッッッ」

京太郎(さっきよりも強くなった……)

久「……原村さん!」

京太郎「和がどうかしましたか?」

久「~~~っ!」

京太郎「どうしたんですか、さっきから?」

久「なんでもないわよっ!」

京太郎「いや、でも……」

まこ(なんか面白いことになっとるのう)

まこ(久のやつ、素直になればいいものを……どれ、わしが一肌脱いでやるか)

まこ「遅れてすまんの。なんじゃ二人だけか?」ガチャ

京太郎「あっ染谷先輩、おはようございます!」

久「おはよ……」

まこ「なんじゃ、久は元気がないのう」

久「……別にいつも通りよ」

まこ「ふ~ん、そうか?」

まこ「ところで京太郎、今ふと思ったんじゃがそろそろわしのこと名前で呼んでみんか?」

京太郎「はい?」

久「っ!?」

まこ「別に今のままでもええが、まこのほうが呼びやすいと思ってな」

まこ「それにおんしは一年のみんなは名前で呼んどるしの」

京太郎「いや、あいつらはタメですから……年上を名前呼びなんて」

久「……」

まこ「なにも呼び捨てにせえと言っとるわけじゃないんじゃし、わしが構わんと言っとるじゃからどうじゃ?」

京太郎「はあ……」

まこ「ほれ呼んでみ?」

京太郎「えっとそれじゃあ……まこ先輩」

まこ「おっ、ええんじゃないか」

京太郎「そうですか? まあ、確かにこっちのほうが呼びやすいですけど」

まこ「うん、今後はそれでよろしくな」

久「……(ソワソワ」

まこ「そうじゃ、京太郎!」

まこ「これを機に久のことも名前で呼んだらどうじゃ?」

久「っ!!」

京太郎「そんなっ! それは流石に……」

まこ「なんでじゃ? 引退したとはいえ久だって麻雀部じゃからな」

まこ「唯一の男子部員に一人だけ苗字で呼ばれとったら、仲間はずれみたいじゃろ」

まこ「それとも京太郎の中ではそうなんか?」

京太郎「決してそんなことは……いや、そもそもそれはまこ先輩が決めることじゃ……」

まこ「じゃあ、久に聞いてみるか」

まこ「どうじゃ、久? 京太郎に名前で呼ばれて迷惑か?」

久「べ、別にいいんじゃない? わた、わたしは名前でも久でもき、気にしないけど?」

まこ「ほれ、みてみぃ? 名前でも久でもええそうじゃぞ?」

久「~~~っ!」

京太郎「わかりました。じゃあ呼びますからね? 呼んでから怒るとかなしですよ?」

久「あなたはわたしをどんな目で見てるのよ」

まこ「いいからさっさと呼んでやらんかい」

京太郎「えーー……久先輩」

「「「……」」」

京太郎「……あの、久先輩?」

久「///」

まこ「うおっ! 顔が真っ赤になりおった!」

京太郎「だ、大丈夫ですか!?」

久「もう一度……」

京太郎「はい?」

久「もう一度、呼んで……」

京太郎「えっと、久先輩」

久「///(バシッバシッ」

まこ「いたいいたい。嬉しいのはわかったからそんなに叩くな」

久「嬉しいって何がっ!? 別に須賀君に名前で呼ばれたからって何も変わらないけどっ!?」

まこ「そうかそうか。よかったのう」

久「だから何がっ!? まったく、まこは何を言ってるのかしら!」

京太郎「そうだ、久先輩」

久「///っ! 何かしら、須賀君?」

京太郎「今度は久先輩が俺のこと名前で呼んでくださいよ」

久「えっ?」

まこ「ほう……」

京太郎「久先輩が苗字で呼んでいるのに後輩の俺だけ名前で呼んでいるのは、変じゃないですか?」

まこ「そりゃ確かに変じゃの! 間違いなく変じゃ!」

京太郎「ですよね!  だからお願いします!」

久「えっと……でも、いいの?」

京太郎「はい、俺からお願いしているんですし……それとも嫌ですか?」

久「違うのっ! そういうわけじゃなくてっ……!」

久「……わかったわ。じゃあ呼ぶからね」

京太郎「はい。どうぞ」

久「きょ……ろうくん……」

まこ「なんじゃ、聞こえんぞ~? もっとはっきり言え~」

久「っ! きょ……京太郎君っ!!」

京太郎「……おうふ」

まこ「どうしたんじゃ?」

京太郎「なんか凄くいいですね、これ」

久「そ、そう?」

京太郎「あの……もう一回お願いします」

久「京太郎君」

京太郎「なんですか、久先輩っ」

久「っ!? ふふ、京太郎君」

京太郎「久先輩」

久「京太郎君」

京太郎「久せんぱ……」

久「きょうた……」

咲「遅れてすみませ……なに、あれ?」

和「さあ? わたしと優希も今来たところなので……」

優希「なんか見ててイライラする光景だじぇ」

まこ「わしが焚きつけたんじゃが、同感じゃ……」



カン