ちりんちりーん…

京太郎「はーいテーブル空けてくださーい。昼ご飯ができましたよー」

豊音「はーい!何かな何かなー?」

京太郎「今日はざるそばですよー」

塞「おー、暑いしちょうどいいねぇ。薬味はどんなのある?」

京太郎「一通りそろえましたよ。あ、ちゃんと手を洗ってきてくださいね。特にシロさん」

胡桃「大丈夫!そこらへんはぬかりないよ!」

エイスリン「ヨ!」バッ[(`・ω・)ゞ]

白望「ダルかった…」

京太郎「それじゃ手を合わせて―」

「「「「「いただきまーす!」」」」」

エイスリン「マス!」バッ[(-人-)]

塞「エイちゃん、もっかい手洗ってきてね」

エイスリン バッ[(´・ω・)]

―――――――――――

豊音「おねぎおねぎー♪」パラパラ

胡桃「わさびをちょっと…あ゛っ」にゅるん

塞「胡桃、取り換えよっか?私いつもそんくらい入れてるし」

胡桃「う…ごめん」

エイスリン「~♪」チュルチュル

京太郎「美味しいですか?エイスリンさん」

エイスリン「so delicious!」ス…

塞「触ったらちゃんと手を洗いなよー?」ズルズル

エイスリン「イジワル!」[(#`・ω・)=3プンスコ]

塞「あっはっは、ジョーダンだってば」ケラケラ

白望「京太郎、これ食べさせて…」

京太郎「服つゆでびっしゃびしゃになってもよければ」ズルルッ

白望「んー…後で責任とってくれるなら」

京太郎「俺のせいでもないのに責任取れとはこれいかに」

塞「こらシロ、後で食べるおやつ抜くよ?」

白望「ダルい…」ずるるー

エイスリン「♪」チュルチュル

京太郎「…」ジー

塞「ん?どったの京太郎くん、エイちゃんのこと見つめちゃって」

京太郎「うぇっ!?」

豊音「わわ、熱い視線だよー」

エイスリン「…ウー」バッ[(/ω\)]

胡桃「これは指導案件かな!」プンプン

白望「いちいちぜろ…」

京太郎「す、すんません!ちょっと気になったことがあっただけでして」アワアワ

塞「気になったこと?」

京太郎「いや、エイスリンさんってそばをすすって食べないんだなーって思いまして」

豊音「そういえばそうだねー?」つるつる

胡桃「そういう豊音もすすってないけどね」

豊音「…はわっ!?ほんとだ!」

京太郎(かわいい)

京太郎「それで、なんでなのかなって思いまして」

エイスリン「オソバ、ススルノニガテ…」

白望「…そういえばすする食べ方って確か日本くらいなんだっけ」

胡桃「いつも思うけどシロって変なこと知ってるよね」

白望「…ダル」ゴロン

豊音「あ、拗ねちゃった」

胡桃「シロ~!ごめん~!」

白望「…」ミミフサギ

胡桃「ごめんってばもー!」

塞「あ、そういえばエイちゃんって最初はすすろうとしてたよねー」

京太郎「そうなんすか?」

エイスリン「!?」

塞「そうそう、確か一か月くらい前にきつねそば食べてたんだけどさぁ」

エイスリン「サエ、ダメー!」バタバタ

塞「エイちゃんってばすするとき勢いつけすぎて鼻水たらしちゃったんだよね」クスクス

エイスリン「~~~~っ!」ベシベシ

京太郎「ほう」

塞「しかも鼻の方に入っちゃったみたいで鼻かんだティッシュが若干茶色がかってたりしててね…」プクク…

京太郎「エイスリンさんにもそんな一面が…」

エイスリン「アゥゥゥゥ…」バッ[( つ△;)]

豊音「わわ、エイスリンさんがー!」

胡桃「こら塞!」

塞「あ、やりすぎちった…」

白望「そば湯どこ?」

京太郎「今それどころじゃないです」

白望「ダル…」ズズッ

エイスリン「ハズカシイ…」

京太郎「大丈夫っすよ!エイスリンさん!」

エイスリン「?」[(´;ω;`)]

京太郎「そういうドジも相まって、正直すっごくキュンとしたっす!滅茶苦茶可愛いミスじゃないっすか!問題ないっす!」

エイスリン「…ホント?」バッ[|ω・`)]

京太郎「ええ!俺が保証します!最高にキュートっすよ!そういうの大好きっす!」グッ

エイスリン「…アウ」バッ[(/ω\ )]

京太郎「あれ!?慰められてない!?」

塞「やー、問題ないんじゃなーい?」ズルズル

豊音「わー、ちょーにやけちゃううよー」クネクネ

白望「そば湯…」

胡桃「取ってきてあげるからちょっと静かに!」

白望「…」ぐでん

塞「あ、また拗ねた」


カンッ