京太郎「うーっぷ、もう食いきれないっすよ」

胡桃「休んでないで片づけ!」

京太郎「いや、すぐに動くのはちょっと……」

塞「いくらなんでも食べ過ぎじゃない?」

京太郎「だって残すともったいないでしょ」

塞「うーん、たしかに作りすぎたかもだけど、まさか全部食べてくれるとは……」

豊音「頑張ったよー」

白望「ダルかった……」

胡桃「シロは味見してただけでしょ。片づけは手伝ってもらうからね!」

白望「あーうー」

京太郎「おお、引きずられていく……あの小さな体のどこにそんな力が」

胡桃「むっ」

京太郎「すいませんっした!」

豊音「胡桃は気にしすぎだよ。ほら、こうすれば」

胡桃「これが、背が高い人の視界……」

京太郎「……まるで母親と子供」

胡桃「ふんっ!」

京太郎「おわっ、蹴りはやめましょうよ!」

塞「こら、暴れたら危ないでしょ。ほら、京太郎こっちに避難して」

京太郎「苦しいからあんま動かさないで……」

白望「助かった……ダルいからおんぶ」

京太郎「腹が圧迫されてっ(でも背中の感触はグッド!)」

胡桃「絶対やらしいこと考えてる!」

豊音「ちょー楽しいよー」


――――――


トシ「混ざらなくていいのかい? せっかくの誕生日なのに」

エイスリン「ミンナ、タノシソウ。カキタイ」

トシ「おや、それは京太郎のプレゼントの……早速使ってるんだね」

エイスリン「Sketchbook!」

トシ「写真より味があっていいんじゃないかい?」

エイスリン「Next Yearモ、ミンナイッショ!」

トシ「それはいいねぇ」

エイスリン「ソシタラ、キョータロショウカイ、My Parents!」

トシ「あらまぁ……」

エイスリン「///」

トシ「これは近いうちに戦争が起こるかもしれないね……」


カンッ