ガチャ

胡桃「掃除で遅れた」

塞「胡桃やっほー」

豊音「いいな~」

胡桃「どうしたのこれ」

白望「ダル」

胡桃「いつも京太郎の膝を独占してるシロが京太郎の近くにすらいない!?」

胡桃「それになんでエイちゃんが京太郎の膝の上に?」

塞「それはね」

塞「今日はエイスリンの誕生日だからだよ」

豊音「そーだよー」ニコニコ

胡桃「?どういうこと?」

豊音「えっとね、エイスリンさんに何が欲しいか聞いたらね」

エイ『キョウハキョウタロウトイッショニイタイ!』

豊音「って」

塞「だから邪魔しないように見てるだけ」

白望「ダル」

胡桃「なるほど、でシロは京太郎がとられて寂しいと」

白望「……ダル」プイッ

塞「ということだから、邪魔しないようにね」

胡桃「わかった」

京太郎「あのエイスリンさん」

エイ「ナニ?」

京太郎「誕生日プレゼントが俺と一緒に居たいってだけでいいんですか?」

エイ「ウン!」

エイ「イツモハシロガイルカラ」

エイ「キョウグライハキョウタロウトイッショニイタイ」ギュッ

京太郎「はうっ」

エイ「ダ、ダイジョウブ?」

京太郎「大丈夫です」

京太郎(やべーよ、天使だよこれ大天使エイスリンだよ)

京太郎(こんな天使と結婚したい」

エイ「!?」ビクッ

エイ「エット、アノ、ソノ」アタフタ

京太郎「聞こえてました?」

エイ「ウン」カアァァ

京太郎(やっちまったー、終わった大天使の好感度が一気にマイナスに)

エイ「アノネ、キョウタロウ」クイクイ

京太郎「はい、なんですか(すげーかわええ)」ホワーン

エイ「I love you」

京太郎「へ?」

エイ「ワタシモキョウタロウノコトガスキ」ギュッ

豊音塞胡桃「それだけはダメー!!」

シロ「ダルッ」

カン