京太郎「ん゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」ゴロゴロゴロゴロ

憧「ちょっ、転がってこないでよ。邪魔」

京太郎「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛…」ゴロゴロゴロ

憧「ええい、うっとおしい。何がしたいのよ?」

京太郎「エロいことしたい」ピタッ

憧「…は?」

京太郎「夏だし高校生だしエロいことしたい!」

憧「聞こえてなかったわけじゃないわよこの馬鹿!」ビュッ

京太郎「たわばっ!」パコンス

憧「アンタはデリカシーとかその他もろもろなさすぎなのよこの変態!」

京太郎「そうは言うがな大佐」

憧「何よ!」

京太郎「世間を見てみろよ…世論調査では夏、とくにこれからどんどん処女や童貞が失われていくんだぜ?」

憧「ふっきゅ」

京太郎「だから俺もこれを機に海とかでいろっぺーおねーさんとだな!一度限りの火遊びを」

憧「うっさいばか!」ガスッ

京太郎「あべしっ!」

憧「変態!変態!ド変態!」ベシッベシッ

京太郎「痛い痛い!地味に痛い!」

憧「なんでわざわざ海に行くのよ!行かなくたってアタシが…!」

京太郎「ひょ?」

憧「っ~~!」カァァ

京太郎「………わ、わんすもあ、ぷりーず?」

憧「っ!」げしっ

京太郎「いでっ!」

憧「~~~~~~~!!!」バタバタバタバタ

シーーーーーーーーン

京太郎「…………」

京太郎「おー………」

京太郎「………マジ?」

京太郎「…………うへっ」

京太郎「うへへへへへへへへへへ…」ゴロゴロゴロ

京太郎「ごあっ」ゴチン


カンッ