初美「京太郎できましたよー」

京太郎「こっちも出来上がりましたよ」

初美「それにしても京太郎はすごいですねー」

初美「誕生日ケーキを手作りする男子はなかなかいませんよ」

京太郎「まぁ、うちには黒糖好きがいますからそれに付き合わされて」

初美「それにしてもよくできてますね」

京太郎「あとは文字を書くだけです」

初美「文字ですか」ピコーン

初美「京太郎、私が文字書きたいです」

京太郎「まぁ、良いですけど」

初美「任せるですよー」




パーンパーン

小蒔「霞ちゃんお誕生日おめでとうございます」

巴「おめでとう霞さん」

春「おめでとう」

霞「わざわざ、ありがとね」

巴「もうそろそろ、メインも来ますよ」

霞「メイン?」



スパーン

初美「ケーキのご到着ですよー」

京太郎「初美さんもうちょっと静かに開けてくださいよ」

初美「私と京太郎からのプレゼントです」

霞「ありがとね初美ちゃん、京太郎君」

霞「何かしら」パカッ

霞「」

小蒔「どうしたんですか?霞ちゃん」

かすみ、さんじゅうななさい
おめでとう

巴「」

春「」

京太郎「」

初美「ふふん」

初美「どうでしたかー」

霞「ありがとね初美ちゃん」ニッコリ

初美「ヒィ」プルプル

小蒔「あの、それじゃあ食べませんか?」

霞「そうね早く食べましょうか」

四人「ホッ」

霞「初美ちゃんは後で私の部屋に来てね」ニッコリ

初美「はい」

カン