京太郎「ちわーっす」

久「あら、おはよう須賀君」

まこ「おはようさん。ほれ、これ数学のノートじゃ」

京太郎「なんで分かんだよ…。でもサンキュ」

久「ん?どういうこと?」

まこ「こいつHRで先生に呼び出しうけてのぉ…」

京太郎「この間のテストがあまりにもだったんで特別指導を受ける羽目になりまして…」

京太郎「課題が追加で出されたんですよ情けないことに…」

まこ「んで、そのためにノートを貸してやったというわけじゃ」

久「ふふーん。さすがは良妻まこちゃんねぇ~」

まこ「良妻?」

京太郎「まこちゃん?」

久「知らないの~?結構有名よ~?」

久「どうしようもない金髪の不良に甲斐甲斐しくお世話をする良妻がいるって」

久「その仲睦まじさは周りに砂糖を吐かせるほどだって、結構有名よ?」

まこ「な、ななな、なんじゃその噂は!!」

まこ「そ、そんな!え、えっと…!あの…」

京太郎「ぷっ…。なんですその噂…」

京太郎「第一良妻まこちゃんって…。どういうセンスしてるんですか。ねぇ?」

久「……」

まこ「……」

京太郎「あれ…?どうかしたのか二人とも?」

久「…死刑ね」

まこ「死刑じゃな」

京太郎「はぁ?」

―――ガラガラガラ

和「おはようございます…。どうかしたんですか?」

咲「どうせまた京ちゃ、須賀先輩がまた何かしたんでしょきっと」

優希「まったく、どうしようもない先輩だじぇ」

久「死刑♪死刑♪」

まこ「うぅ…。なんだってわしはこんなのを…」

京太郎「わけわかんねぇよ!誰か説明してくれー!」

和「ホントに何があったんですかね?」

咲「さ、さぁ…?」

カン!