京太郎「七夕っていいですね~、笹の葉さ~らさら~♪」

成香「…七夕なんて嫌いです」


京太郎「あれ、意外っすね…こういう風情あるの好きだと思ってたんですけど」

成香「嫌いったら嫌いなんですっ」

京太郎「…?」


誓子「ふふふ…ねえ京太郎君、私達の地方ではね子供達が七夕になると町を歩くんだよ」

京太郎「え…はい」

成香「!! ちっ、ちかちゃんっ!」

誓子「それでね家々を周って、歌を唄いながらお菓子を貰うの」

京太郎「あ、なんか話が見えてきました」

成香「京太郎君!見えなくていいですぅっ!」ジタバタ

誓子「それでなるかが、ちょっと買い物をしに商店街へいったんだけど、
   その時、ちょうど子供達がお菓子を貰いにやってきていて…」

成香「ちーかーちゃーん!!」

京太郎「ほほう、それでそれで」

誓子「お店の人に『おや、もうひとりお友達がいたんだね…はい、おちびちゃんも』って…」

京太郎「ははは、微笑ましいじゃないですか」

成香「~~~ッ!!////」

誓子「貰ったのは確かうま○棒とフィ○ックスガムだったっけ…?」

成香「知りませんっ!!」プンプン

誓子「もう、可愛いんだから~……


   たけ~にたんざく たなばたまつり~ 

   おおいにいわお ろうそくいっぽんちょうだいな~♪」

成香「~~~~~~~ッ!!

   うわぁぁぁ~~~んっ!きょうたろうく~~~ん!!」ダキッ


京太郎「おっと、よしよし………誓子さんもからかい過ぎですよ?」

誓子「だって、可愛いんだもん」


成香「うわぁぁ~~ん!私こどもじゃないのにぃぃ~~!!」グリグリ


京太郎「…確かに」




ろうそく貰いは函館の素晴らしい風習です


カンッ