怜「うちが着替えているところが見たい?」

京太郎「ええ! 怜さんが服脱ぐところをじっくりと観察したいです!」

怜「はぁ…うちの彼氏はほんま変態さんやなぁ…」

京太郎「ダメですか…?」

怜「…うわー手が滑ったー(棒)」ツルッ

京太郎「大変だー、怜さんの制服が濡れてしまったぞー(棒)」

怜「こりゃ着替えな風邪ひいてまうなー」

京太郎「仕方ないですねー俺は部屋から出ますねー」テクテク

怜「それじゃあ着替え終わるまで待っててなー」



京太郎「さてと…」スッ

 おっ…立ち上がってスカートに手をかけて……いった!!

 スカートが落ちて制服の上にパンツというめっちゃ興奮する格好で…

京太郎「水色のパンツか…あれって確か…」

 この前一緒に買い物行ったときに選んだやつだよな…

 今日履いていてくれるなんて運がよかったな

 あれ面積少ないからおしりがほとんど…おおっ!?

 一回くるっと回って…正面もチラッと…たまらんぞ



怜「恥ずかしいけど脱ぐか…//」カァァ

 何度も裸を見せたことあるのに覗かれながら服を脱ぐって行為がなぜかすごく恥ずかしい

 隠れて覗かれるという行為にちょっと興奮してまう…うちも京くんのこと変態って言えへんな

怜「……//」パサッ

 うわあぁぁ…ほんとに脱いでもうた…恥ずかしいから背中向けてやけど…

 でも今日の下着はこの前京ちゃんに選んでもらったやつでおしりが丸見えで…

 京ちゃんは後ろ姿だけでなく正面も見たいと思っとるよなぁ…だったら…

怜「えいっ//」クルッ

 でも恥ずかしいから一瞬だけや…ちゃんと見てくれたかな?

 あかん…なんか体が熱く…// 

京太郎「今度は上だよな…」ドキドキ

 制服に手をかけてゆっくりと…焦らしてくれるなぁ…

 少しずつ下と同じ色のものが見えてきて…おもち好きな俺にはたまらんなぁ

京太郎「それに最近はどんどん大きくなって…」ゴクリ

 付き合い始めたころはCカップだったらしいけど突き合っているうちにだんだんと体力がついて健康になって…

 その結果胸もどんどん大きくなって今やEカップにまで成長した…いや、させたんだよな

京太郎「でもブラは後ろからじゃ……ごほん!」

 ちょっとわざとらしく咳をしてアピールしてみよう

 怜さん悩んでるなぁ…でもきっと見せてくれるよな…ほら

 恥ずかしそうにこっち向いて下着に包まれたおもちをしっかりと見せてくれて…

 くそっ、こんな狭い隙間じゃ駄目だ。もっと空けないと…これでしっかり見えるな

 やっべ、めっちゃ興奮する…



怜「うぅっ…//」

 上を脱ごうとしたたなんか視線が強くなった気がする…おかげで緊張して手が動かなくてなかなか脱げへん 

 ふぅ…やっぱ制服脱ぐと胸が楽やなぁ…制服は胸の部分がきついし

 京ちゃんが熱心に揉んだおかげで2つもカップ数大きくなったからなぁ…

怜「もうこれでお「ゴホン!」はぁ…やっぱ正面からちゃんとみたいんか…」

 おっぱい星人の京ちゃんはやっぱ後姿だけじゃ満足できへんよなぁ…

怜「恥ずかしいけど…京ちゃんのためやし…//」クルッ

 うわぁ…やばいやばい! 恥ずかしすぎて興奮してまう!

 下着の一部はもう汗ですっかり色が変わってるんやろうな…//

 あっ、京ちゃんってばあんなに扉開けて堂々とうちを見て…それもう覗きやないやんか…

 うちの裸であんなに息荒く興奮して…なら下着も脱いでこの下も…//



京太郎「えっと…その……ありがとうございました」

怜「…どうやった?」

京太郎「なんというか…怜さんエロくてすっげー興奮しました」

怜「うぅっ…//」カァァ

カン!