なぁ、咲……おまえを麻雀部に連れて行かなかったら、どうなってたかな?

あぁ、勝手なこと言ってるのは分かってるんだ。

でも、予想だにしてなかったんだ。

おまえがこんなに遠い存在になっちまうなんて。

何でかな? お前と一緒にいる時間は変わらないもんだと思ってた。

遅いかな? 今頃自分の気持ちに気づいても。

だからせめて、今はお前の夢を応援させてくれ。

その為なら俺の一年、何てもんはくれてやるよ。

見せてくれ……てっぺんで咲く花を。

そしたら俺は、おまえに……

ねぇ、京ちゃん……私が麻雀部に入らなかったら、どうなってたかな?

中学生の時みたいに京ちゃんの応援に行ったりしてたかな?

……でもね、私麻雀部に入って良かったよ。

京ちゃんもハンドボールをやってる時こんな感じだったのかな?

嬉しいよ、京ちゃんに近づけたみたいで。

楽しいよ、何かに打ち込むっていう気持ちがわかったんだ。

……今は京ちゃんが応援してくれてるね。

だからたまに分かっちゃうんだ、昔の私と同じ気持ちなんだって。

だからせめて、京ちゃんの応援に応えてあげたい。

その為なら私の全力を出してみせる。

見ててね……高い山の上で咲く花を。

そしたらきっと、私は……

京太郎「咲、団体優勝おめでとう」

咲「うん、ありがと京ちゃん。でもみんなのおかげだよ」

京太郎「おいおい、謙遜すんなって。みんなお前に感謝してたぞ? さすがうちの大将だって」

咲「そ、そうかな? 照れるよ。あ、それより話って何?」

京太郎「ん……ああ、まぁその、なんだ。二人きりでちょっとな」

咲「……そっか。でも私も二人きりで話したいことあったんだ」

京太郎「そうなのか? じゃあ先にそっちの話聞くか?」

咲「えぇ!? い、いいよ、京ちゃんから先で!」

京太郎「いやでも、俺のはその……」

咲「わ、私のは一言で済むから……」

京太郎「お、俺も一言だけだから」

咲「…………」

京太郎「…………」

咲「じゃ、じゃあ一緒に言っちゃう?」

京太郎「はぁ? いやそれは……」

咲「いいから、いいから。それに……なんとなく同じ気もするし」

京太郎「え? なんて? すまん、後半よく聞こえなかった」

咲「もうっ! いいの! それじゃ、せーの、でね?」

京太郎「ああ、分かったよ」

咲「せーの」

京太郎「咲のことが――」

咲「京ちゃんのことが――」

カンっ!