辛く、悲しいことがいっぱいあった。

きっと私が傷つけたこともいっぱいある。

すべてを投げ出して、ここから離れたかった。

……今考えれば逃げ出してるだけだね。

ひとり歩きできてる、なんて思ってたんだよ? 笑っちゃうよね。

どれだけ家族に迷惑かけてたかも知らずに。

そうやって気取って過ごした高校時代。

私は高校最後の夏に過去と向き合う。


出会いはまるで昔のドラマのような。

何てことない道で転びそうになり、手を差し伸べてくれた。

京太郎「大丈夫ですか? 立てます?」

照「あ、すみません」

なんでだろう? 懐かしさを感じて彼の顔を見上げる。

照「…………」

京太郎「な、何ですか? ん……もしかして」

照「……あっ」

もう何年も会っていないのにお互い理解した。

京太郎「お菓子ちゃん!」

照「パツキンくん……」

彼は小さいころよく遊んでくれた活発な男の子。

楽しかった思い出なのになんで忘れていたの?

きっと理由は彼の金髪……他の思い出を連想してしまうから。

それでも今は、ただ彼と再会できたことが嬉しく思う。

京太郎「いや、懐かしいですね。ここにいるってことはインハイの?」

照「うん、選手。結構強いんだよ私」

京太郎「おぉ! 強いんですかって全国ですもんね。そりゃそうですよね」

照「パツキンくんは……そういえばお互い名前知らなかったね」

京太郎「あ、そういえばそうですね。俺もいつまでもパツキンは恥ずかしいですよ」

名前も知らない幼馴染。

笑顔は昔と何も変わらずに純粋さを感じる。

まるで子供時代に戻ったように私を錯覚させる。

京太郎「俺は須賀京太郎です。一年生で麻雀部で今は雑用みたいな感じですね」

照「私は宮永照。三年生だから先輩だね」

京太郎「先輩だったんですね。タメ口きいてなくて助かった……ん? 宮永?」

失念していた、彼は長野……当然清澄高校の麻雀部だ。

京太郎「えっと、宮永先輩は妹さんとかいらっしゃいます?」

照「…………」

私はここで否定して、彼を突き放したって良かったはず。

けれども私は……

照「……うん、いるよ」

そう、返事をしていた。

京太郎「咲って名前だったりして?」

照「うん、そう」

京太郎「あぁ、咲のお姉さんだったんですか。いや、世間は狭いですね」

彼の悲しい顔を見たくなかったのかな? 楽しい思い出が汚されそうで。

……それが京ちゃんとの再会の話。

その後は大会中に何度か会って話したり、淡に捕まって色々あったりした。

咲とのことも助けてもらった。

私たち姉妹が向かい合ってやり直せることを教えてくれた。

その時気づいた、きっと私は恋してる。

こんな気持ちは生まれて初めてだった。

訳も分からず混乱して、麻雀も手をつかなかった。

虎姫の皆が応援してくれて、トレンディな展開で色々あったが両想いになれた。

そして現在は……

京太郎「照さん? どうしました?」

照「……白無垢って大変」

京太郎「でも、とても綺麗ですよ」

照「……白無垢って最高」

私は高校卒業後プロの道へと進んだ。

京ちゃんはその二年後、私の所属するチームの職員になった。

更に二年が過ぎ、京ちゃんからプロポーズを受けた。

嬉しくて、にやついていたら小鍛治プロにスゴイ形相で睨まれた。

……その日の麻雀は麻雀じゃなかった。

京太郎「照さん。なんか咲が調子悪そうですよ」

照「え? あ、ほんとだ。昨日はプロアマ交流のイベントに出てたから疲れてるのかも」

そう言って咲の所に二人で向かう。

話をしてみると咲は元気みたいで安心した。

咲「二人とも……結婚おめでとう」

四年前、私は咲と姉妹に戻れた。

その妹からの祝福が何よりうれしく、涙ぐむ。

照「咲……ありがとう」

私は最愛の夫、京ちゃんのことを見上げる。

照「京ちゃん、大好き」

京太郎「あぁ、俺もだ……って、うぉい!?」

聞かずともわかる返事は無視し、抱きつく。

京太郎「はぁ、びっくりさせないでくれよ、お姫様?」

嫌な顔一つせず、お姫様抱っこで皆の元に戻る。

歓声とカメラのシャッター音が響く式場。

きっと今、世界で一番幸せです。

カンっ!