京太郎「・・・・・・」

ザーザー

京太郎「何故人は同じ過ちを繰り返すのか」

京太郎(先週と同じことしてんじゃねえよ俺!あーまた誰か通りがかるのを待つしか・・・)

???「京太郎・・・?」

京太郎「キタ――!天はまだ見放してない!」

白望「何してるの?」

京太郎「見てのとおり立ち往生で」

白望「なるほど」

京太郎「・・・傘、入れてくれません?」

白望「ダルい・・・けど仕方ない」

京太郎「やった!ありがとうございます!」

京太郎「・・・・・・なにこれ」

白望「ダルいから」

京太郎「何故におんぶ・・・?」

白望「ダルいから」

京太郎「普通に並んで一つの傘入ればいいじゃないすか!」

白望「目の前に京太郎がいるのにおんぶされない理由がない・・・」

京太郎(乗り物扱い!?)

京太郎「胡桃先輩と違って背丈もあるんだし、相合傘も出来たと思うんすけど…」

白望「・・・胡桃?」ピク

京太郎「ああ、実は先週同じ状況で・・・かくかくしかじか」

白望「・・・」

京太郎「先輩を肩車することになるとは思わなかったですけど」

白望「・・・」ギュッ

京太郎「ちょ、白望先輩///!?あの、そんな密着すると背中にその・・・!」

白望「胡桃には出来ない・・・」

京太郎「先輩、降りましょう!」

白望「ダルいからヤダ・・・」

京太郎「あーもう!」



カン。