――とある日の放課後

モブ男「だから違うって言ってんだろ!」

モブ女「何が違うのよ!だいたい、あの時・・・」



通りすがりの二人

京太郎「お、ケンカだ」

咲「じ、じろじろ見ちゃダメだよ」

京太郎「お互い一歩も譲らない感じだな・・・」

咲(あ、あの二人、最近付き合い始めたって噂のカップル・・・)

京太郎「わ~売り言葉に買い言葉。もう止まんねえぞこれ」

咲「もう行こうよ~気づかれちゃうよー」

退散。

咲「・・・すごいケンカだったね。どうなっちゃうんだろ」

京太郎「まあ、ケンカするほど仲が良いって言葉もあるし。意外と仲直り早かったりしてな」

咲「ケンカするほど・・・。・・・そういえば、私と京ちゃんってあんまりケンカしたことないよね」

京太郎「ん?確かに、そうかもな。中学時代は特に・・・高校入ってから生意気になったけど」

咲「・・・・・・」

京太郎「咲?」

咲「・・・・・・・・・」

京太郎「おーい」

咲「むんっ」スチャッ

京太郎「・・・なんでファイティングポーズとってんの宮永さん」

咲「も、もう少しケンカした方が・・・その、仲が深まると思うの、私達!」

京太郎「なんで拳でのケンカを選んだ!?そんなん不良漫画の世界だけだ!」

咲「・・・ケンカするほど仲が良いって、言うじゃない。私達結構長い付き合いなのに全然衝突とかしてこなかったなって」

京太郎「・・・」

咲「パンチじゃなくても、遠慮なしに気持ちをぶつけ合うって、大事なのかもって…」

京太郎「・・・」


ポンッ


咲「・・・?」

京太郎「変なこと気にしてんじゃねーよ。ケンカなんかしなくても、俺達仲良いし、言いたいこと言ってるじゃねーか」

咲「そ、そうかな…」

京太郎「それとも、咲は俺とケンカしたい?」

咲「・・・・・・ううん」

京太郎「なら、いいだろ。俺と咲はそれで」

咲「・・・ふふっ、そっか、そうだね!」



――帰路

咲「ゴメンね、変なこと言って」

京太郎「ホントだぜ。罰として明日の掃除当番交代な」

咲「嫌」

京太郎「咲のくせに生意気な・・・これはケンカだな」

咲「望むところだよ。明日部室で決着だね!」

京太郎「麻雀でケンカはやめてくれー!!」



カン!