京太郎「ハッ!なんか、タイムスリップしてる気分……!」ビクッ

望「何言ってんの?京太郎」

京太郎「え?ああ……なんでもねー」

望「緊張を解くつもりで言ってるなら、全っ然効果ないわよソレ」

京太郎「なんでもねーって……え、緊張してるのか?」

望「私はしてないけど、そこに一人」

晴絵「ふっ…………うぅぅ……!」プルプル

京太郎「あー……おーい、晴絵?」

晴絵「うおおーっ!!」ガタッ

京太郎「ふぉっ!?」ビクッ

晴絵「ま、待ちきれない……ふっ、へへ……!」ニヤニヤ

京太郎「……緊張じゃなかったわ」

望「相っ変わらず、麻雀バカね……晴絵」

晴絵「もーよしてよー♪」テレテレ

京太郎「褒めてないぞ、麻雀バカ」

望「頼んだわよー?阿知賀のエース!」バシッ

晴絵「ロンオブモチ!私が阿知賀に、伝説を創る!」ゴッ

京太郎「……」

晴絵「っておーい、京太郎?」

京太郎「……ん?なんだ?」

晴絵「……京太郎、もしかして緊張してる?」

望「え、京太郎はもう奈良の個人戦で終わってるじゃん」ズバァッ

京太郎「うっ……だ、だって相手は、あの小鍛治健夜だぜ?」

望「アンタが戦うわけじゃないでしょーに……」

晴絵「相手が強いから燃えるんじゃん!」ワクワク

京太郎「その小鍛治さんだけならまだしも、あの卓は強い人ばかりだろ?」

晴絵「そうそう、私も含めてね!」ドヤッ

望「喉乾いたなー」

京太郎「お茶淹れる」ガタッ

晴絵「無視ー!?」ガーン

京太郎(緊張もある、けど……なんか、ヤな予感がするんだよ……)

望「晴絵、うるさいってー」

京太郎「ほい、お茶」スッ

望「あ、サンキュー!」

京太郎「どういたしまして」ニコッ

望「っ……!///」カァッ

京太郎「うん?」

望「い、いきなりあの顔は反則でしょ……///」ブツブツ

晴絵「……望ってさー、京太郎のこと好きなの?」ズバァッ

望「ふきゅっ!?///」ビクゥッ

京太郎「な、なんで!?」

晴絵「いやー……なんとなく?」ポカーン

望「そっ……んなわけないでしょ!?///」ガシッ

晴絵「ぐぇぇっ!」

京太郎「ちょっ!晴絵が死ぬって!」

望「くっ……なんなのよ、たまに出る晴絵の鋭い観察眼はぁ……!///」

晴絵「死ぬかと思ったー……優勝する前にー……」ゼーゼー

京太郎「大体、望が俺の事を好きなわけないだろ?」

望「む……」ピクッ

晴絵「え、そうなの?」

京太郎「いっつも殴ってくる暴力ヒロインだし……」

望「アンタが着替え覗いたり覗かせたりしてるからでしょう!?///」

晴絵「ヒロインなんだ!覗かせたりしてるんだ!?」ガーン

京太郎「あーヒロインじゃないか、どっちかと言えば悪の組織のリーダーって感じ」ジトー

望「っ……あ、あーそーですよ!ふんっ、京太郎なんか大っ嫌い!」プイッ

晴絵「のーぞーみー、そんな怒らないでよー……京太郎も、ちょっと言い過ぎ!」

京太郎「ご、ごめんって、望」ペッコリン

望「むぅー……そんなに言うんだったらさ、京太郎の好きな人っているの?」

京太郎「え?お、俺か?」チラッ

晴絵「う?」

京太郎「……お、俺は」ジッ

晴絵「え、なにー?そんなにジッと見つめてー……」ジーッ

望「…………き、京太郎、まさか……」

京太郎「俺の、好きな人は、はる――

――間もなく、準決勝が始まります!出場する生徒は……

京太郎「っ!」ビクッ

望「あ……」

晴絵「わっ、私もう行かなきゃ!」ダッ

京太郎「……言わなくて済んだ……いや、言い損なった……?」ブツブツ

晴絵「あ、京太郎!」

京太郎「んー?」

晴絵「京太郎の好きな人、終わったら言ってよね!」

京太郎「………………それじゃ、準決勝に勝てたらな!」

晴絵「ロンオブモチ!じゃー行ってくる!」ダダッ

望「……行っちゃった」

京太郎「俺は、応援するだけだなー……」

望「…………晴絵、こういう時だけ鈍いんだから」ボソッ

京太郎「え?」

望「京太郎さ、今の約束絶対守ってよね」

京太郎「今の、約束?」

望「準決勝勝ったら、は…………す、好きな人に告白するって約束!」

京太郎「うぐ……わ、わかったよ……言うって」

望「そうじゃないと、私が浮かばれないもん」

京太郎「え、なんで?」

望「なんでもないっ」プイッ

カンッ