咲「京ちゃん…その子は……」

京太郎「あぁ、幼馴染で彼女の大星淡だよ」

淡「どもー、きょーたろーの彼女の大星淡だよ!」

咲「幼馴染って…こんな子見た事ないよ…?」

京太郎「お前と幼稚園からの仲だけど中学に上がるときに東京に引越してな」

淡「つまり淡ちゃんがファースト、さっきーがセカンド幼馴染かな?」

京太郎「あっ、ごめんホテルに財布忘れてきちまった。ちょっと取って来るわ」タタッ

淡「いってらっしゃーい! で…あんたいつまできょーたろーにまとわりつくの?」ギロッ

咲「まとわりつくなんて…」

淡「てか幼馴染なんて言ってるけど中学の同級生で幼馴染でもなんでもなくない?」

咲「そんなことは…」

淡「だって幼馴染って言ってる割に彼女である私のこととか知らなかったみたいだし、きょーたろーに信用されてないんじゃない?」

咲「私と京ちゃんはとっても仲良しだもん!」

淡「友達いないあんたが可哀想で一緒にいてあげたんだよ…それなのに部活で少し友達ができたからってないがしろにして…」

咲「あなたに私達の何がわかるのっ!」

淡「わかるよ、きょーたろーはいつも部活で雑用ばっかでつらいって、最近は指導もまともにしてもらえてないって」

咲「それはインハイが近いからで…」オロオロ

淡「だからきょーたろーが辛そうでも見て見ぬふり? あんたさいてーだよね」

咲「うっ…ひぐっ……」グズッ

京太郎「お待たせ…って咲どうかしたか?」

咲「ごめん…私ホテルに戻るね……」タタッ

京太郎「おっ、おい…」

淡「さっきーのことはそっとしときな。女の子には色々とあるんだよ!」

京太郎「そっ、そうなのか…淡がそう言うなら大丈夫なのかな…」

淡「そうそう大丈夫だって! それより久しぶりに会えたんだし今日はどこ行こうか……」

淡(あんたのこと大嫌いだけどきょーたろーのことは私が幸せにする。だからあんたは指くわえて見てるといいよ)

カン!