京太郎「はわぁ~ほんといい膝だよなぁ~」スリスリ

竜華「それは良かったなー」ナデナデ

怜「ぐぬぬ…うちの番はまだか…」

竜華「ついさっきまでしてたやろが…」

怜「全部竜華のふとももの魔力が悪い!」キリッ

京太郎「ほんとどこに出しても恥ずかしくないふとももですよねぇ~」スリスリ

浩子「ならほんまに出荷してみますか?」ヌッ

京太郎「うわっ!」ビクッ

怜「急に出てくるんやないで…びっくりするやろ…」ドキドキ

竜華「それより出荷ってなんや…うちに乱暴する気か!エロ同人みたいに!」

浩子「そんなわけじゃないですけど…とりあえずこのサイト見てもらえますか?」カチカチ

京太郎「なになに……『りふれるーむひざまくら天国』か……」

怜「なんやこのいかがわしい店は…」

浩子「別にいかがわしくないですよ。ただ若い女の子がお話やひざまくらで耳かきする店だけです」

竜華「いや、十分いかがわしいやろ…//」

浩子「別に高校生でも働ける店ですし先輩が考えてるようなことはしませんよ……普通は」ボソッ

京太郎「まさか竜華さんにここで働けって言うんじゃないだろうな!」クワッ

怜「あかんで!わけわからんおっさんに竜華のひざは渡せへんで!」クワッ

浩子「ちぇっ…清水谷先輩ならごっつもうけられると思ったんやけどなぁ」

竜華「あはは…流石にうちも知らないおじさんにするんはちょっとなぁ……それに」

浩子「それに?」

竜華「うちのひざはこの2人でずっと予約一杯やからね」

京太郎「竜華さん…」ジーン

怜「竜華ぁ…」ジーン

浩子「そうですよね、じゃあ今回はあきらめますわ」

竜華「あっ、悪いけどそろそろ疲れたからやす……」

京太郎「うわぁぁぁ!!もう竜華さんのひざまくらに惚れ直ちゃったよぉおぉぉ!!」スリスリスリスリ

怜「もう我慢できへん!はよ変われや!!」

竜華「あんた達!ええ加減にしないとここみたいにお金取るでっ!!」

カン!