京太郎の異変


照「京ちゃん、おかしー」

京太郎「了解しました」

ーーーーー

京太郎「えるさん、お菓子作ってきましたよー」

照(...えるさん!?)

照「ありがとう、京ちゃん...。ところで、私の名前は照なんだけど...」

京太郎「ああ、すみません。...セルさん?」

照「いや、だから照だって...」

京太郎「中原麻衣さん?」

照「それは私の中の人だよ」

照(どうしたんだろう、名前を間違えるなんて...。ふざけてるって訳じゃなさそうだし...)

照(とりあえず京ちゃん特製シュークリームで心を落ち着けてーーー)パクリ

照「ってからぁぁぁぁっ!」

京太郎「あれ!?どうしましたアルさん!?」

照「エルリック兄弟の弟の方じゃないというのは置いといて、これ中身タバスコだよ!?私を殺す気なの京ちゃん!」

京太郎「え?おっかしいなぁ...。ちゃんとクリームの筈が...」

照(やっぱり今日の京ちゃんはおかしい...)

照(...まさか、私への嫌がらせ?それとも反抗期突入?)

照(いやいや、京ちゃんに限ってそんなことは...)

照(だとすると、まさか............まさか!?)

照「ボケた!?」

菫「なに?須賀がボケたかもしれないだと?」

照「そう」

菫「またまた、そんな冗談私には通用しないぞ。そういうのは淡相手にでもやれ」

照「菫、真面目に聞いて」

菫「............まぁお前の言うことを信じた前提で話してみるが、まさかあの万能高校生があの若さでボケるなんて全く考えもしなかったな...。それだけ心労が積み重なっているということか」

照「ううう.........。菫、わ、私はこれから一体どうしたら...」(´;ω;`)

菫「私にそんな顔されてもな.........」

菫「大体、照は須賀に依存し過ぎだ。これを機に自立することを考えろ」

菫「その須賀にも雑用を押し付けるような不甲斐ない部長だが、それでも言わせてもらうぞ」

照「でも...」

菫「でもじゃない」

照「私にとっては京ちゃんは家族同然、その内一部と比べたらそれ以上の存在だから。大切な人に忘れられるのは結構辛いよ...」

菫「............」


照「それに、京ちゃん特製キャラメル蒸しケーキやクリームチーズパイや紅茶バナナマフィンやココナッツマカロンやもちもちどら焼きをもう作ってもらえなくなるかと思うと涙が...」

菫「え、そっちの心配?」

菫「...心配するな照。例え須賀がお前の事を忘れてしまったとしても」

菫「お前との思い出はきちんと記憶の引き出しにしまってある。須賀はその引き出しを開けられなくなっただけだ」

菫「それに...側にいてくれるならそれで充分じゃないか?なぁ照」

照「菫...」


照「...臭っ!」

菫「............」(#°°)

照「ごめん、私が無神経だった」




ソーノーチーノーサーダーメー

照「ん?電話みたい」

菫「お前その着メロ...」

照「もしもし?」

淡『テルー!?大変だよ!』

照「なにが?」

淡『キョータローが倒れたんだよ!』

照「!菫!き、京ちゃんが倒れたみたいで...」

菫「なに!?須賀が!?」

照「き、きょ、ききききょきき」

菫「落ち着け、まずお前が世界一落ち着け」

照「京ちゃぁぁぁあん!死んじゃ嫌だよぉおおおお!!もうわがまま言わないし、お菓子も我慢するからぁぁぁぁあ!!」ビャー!!

菫「あぁ、淡か?すまんが、まずこの馬鹿を落ち着かせなければならなくなったから、そっちは任せたぞ」

照「ぎょう゛ぢゃぁぁぁぁぁああん゛!!!」ビエーン!!

ーーーーー

尭深「...うん、お大事に。ゆっくり休んでね?」バタム

照「...それじゃあ京ちゃん本当に本当にほんっと~にただの風邪なんだね?」

菫「ああ、過労からきたものだそうだ。熱があったが、今は大分下がってきた」

誠子「数日間安静にしていれば、大丈夫だそうです」

淡「なんか倒れる前はちょっとおかしな言動してたけど、多分頭がボーッとしてたんだね。さっき会ったときは普通だったし、あわいーって呼んできたし」

照「ボケた訳じゃなかったんだ。よかった...」

菫「よかったじゃないだろ、全く」

菫「過労が原因で風邪ということは、照がいつも須賀を頼りすぎているせいということだろう?」 

尭深「言われてみればそうですね...」

誠子「そういえば寮でも部室でも宮永先輩は須賀にお世話されてる気が...」

淡「テルーが身の周りのことやってるの見たことないよねー」

菫「黙れ同類」

誠子「須賀も苦労してますね」

菫「歯磨きとかも須賀にやってもらってるんじゃないのか?」

淡「着替えやお風呂まで世話されてたりして」

尭深「それはさすがにないと思うけど...」

照「失礼な...。黙って聞いてたらみんな言いたい放題」

照「私だってちゃんとやるべき事はやってる」

菫「例えば?」

照「例えば...」

菫「............」

誠子「............」

尭深「............」

淡「............」

照「............」

照「二軍の子達に栄養のつくもの買ってこさせないと」

菫「逃げるな」

菫「全く...呆れたな。照、これからは極力須賀を頼らないこと!分かったな?」

照「分かった...。京ちゃんには本当に申し訳無く思ってる。これからは自分の事は自分でするよう心掛ける」モキュモキュ

菫「あとお菓子は我慢するって言ってなかったか?」

照「お菓子もちょっとは我慢する」

菫「言ったからにはちゃんと守れよ、照」

照「分かった...」モキュモ...

照「............」カラッポ

照「京ちゃーん、マシュマロおかわ...あ」

菫「おい、照。言ったそばから...。なに病床の須賀を呼んでるんだ」

照「ご、ごめん...。いつものクセで、つい、ね?その...」

菫「問答無用!」

照「いやぁぁぁぁぁぁ!」


京太郎「ほんっと、世話のかかるお姫様だよ...」

カンッ!