洋榎「(ども、後ひっかけの洋榎こと愛宕洋榎です…

早速やけど、ウチには仲間には絶対に言えん秘密があります…
オカンにも絹にも言えません…

それは……)」



京太郎「洋榎さん待ちました?」


洋榎「ううん!全然待ってないよっ!」


京太郎「そうですか…けど、後からきちゃったんで今日は全部俺の奢りですよ」

洋榎「んもうっ、そうやって自分が支払う理由を自分で作っちゃうんだから~!」プンプンッ

京太郎「はは、まあ男なんでかっこつけさせてくださいよ

それじゃ行きましょう」

洋榎「うんっ!じゃ~あ、手をつなごっ♪」

京太郎「はい、どうぞ」

洋榎「うふふ~♪」

京太郎「あはは~」


洋榎「(はい…

見ての通りです…

この子、京太郎の前やと猫被って東京の言葉になってまうんです…

笑いたかったらどうぞ笑ってください…

ウチやったら立ってられへんぐらい笑ってます…


けど……

けど…そんだけ必死なんです…

この京太郎は正に100年に1度の超優良物件といっていいスーパー男子…

リーチ一発ドラ8って感じに一目惚れしてしまったウチは、
本能レベルで染み付いていた関西弁を1日30時間という矛盾とまではいかへんけど、
そんぐらいの気持ちで封印するトレーニングを自分に課して…

結果、本当ならウチがいっちばん嫌いな男に媚びた声で
標準語話すニュー洋榎が出来てしまったとさ…

めでたしめでたし……)」

京太郎「じゃあ、まずはあそこのジェラート屋さんに入りましょうか」

洋榎「わぁいジェラート!私ジェラート大好きー!」

京太郎「よかった、どうやら席も空いてますね
なかなか雰囲気もよさそうだ」

洋榎「うんうんっ!早く食べた~い!」

京太郎「洋榎さんはどんな味が好きなんですか?」

洋榎「えっ…

(はぁー!?
知らんわそんなのー!ジェラートなんて食った事あらへんわ!

てか、何なん?ジェラートって!
アイスとどう違うっつーんじゃボケェ!)


え、え~と…京太郎君と同じものがいいかなっ♪」


京太郎「なら、イチゴ系の味でいいですね

先に席に座っててください」

洋榎「了~解っ♪

(ふぅ~…うまく誤魔化せたわ~……)」



京太郎「お待たせしましたっ、こっちが洋榎さんの分です」

洋榎「おおk……ありがとうっ♪

う~ん、冷たくて甘~い!

(うっわ、何これ…
普通にがっつけんとか、えっらい食いにくい物体やな~

奢ってもらってるから、そんなこと口が裂けても言えへんけど…)」


京太郎「あ、口の周りがべたべたですよ」

洋榎「え?うわっ

(あ、あかん!やってもうたか?!
これじゃ食い慣れてへん事バレバレやー!)」


京太郎「ちょっとじっとしててください、拭いてあげますから」

洋榎「へ……むぐっ…?!」

京太郎「これでよし、と…あ、少し指が唇にさわっちゃいましたか?」

洋榎「…////

へっ?あ、ううん!全然気にしてないから大丈夫だよ!大丈夫っ!////


(うっひょー!きょ、京太郎の指っ!指がウチの唇に触れよったでぇーー!!

絹ー!オカンー!だ、だ、だ、大事件やーー!!

うっぴょぉぉーーーーー!!!!!!)」


京太郎「そうですか

でも、そうやって一生懸命にジェラート食べてる姿も可愛いですよ」ニコッ


洋榎「…//////

え、えへへ…ありがとう……////


(いっ……生きててよかったぁぁ~~……!!
標準語の練習…していてよかったぁぁ~~~……!!)」



京太郎「………

(大阪の人だけど、関西弁が出ないんだよな~洋榎さんって…

大阪の人がみんな関西弁を話すなんて思ってないけど、
でも聞いてみたい気もするんだよな~…

関西弁の女の子ってすげー可愛いと思うし…)」


カンッ






…………

怜「りゅ、りゅーか…ぷぷっ……うち、もう我慢…くっ…できへん……!」

竜華「が、頑張るんや怜ぃ…ぷっ……う、うちも吹き出しそうやけどこらえてるんやで…ぷぷっ…」

怜「ま、まさか偶然入ったジェラート屋であの愛宕洋榎が……と、東京の言葉で……くぅーっ…!」

竜華「『ワー、コノジェラート、ツメタクテ、アマ~イ』……ぷぷーっ…!」

怜「や、やめぇーやりゅーかぁ~…!ぷふっ…くくくっ…

も、もう限界や…ちょ、ちょっとトイレ言って少し笑ってくるわ…」



京太郎「おっと、俺のシャツにも少しついたかな?

洋榎さん、ちょっと洗面所で洗ってきますね」

洋榎「は~いっ、いってらっしゃ~い♪」



怜「あ、あの愛宕洋榎が……くくくっ……

わっ!」ドンッ

京太郎「おっと!」ガシッ

怜「え……?

あ……」

京太郎「大丈夫、ですか?

お怪我のほうは?

うつむいて歩いていらしたから、もしかして気分が優れないとか…?」キラキラキラキラ-


怜「ふぁ…/////」


京太郎「……あの…」



怜「わ、私の名前は園城寺怜でございますわっ!」

京太郎「へ?」


もいっちょカンッ