部活終了後の部室

和「須賀君」

京太郎「な、なんでしょう!」

京太郎(な、なんか和怒ってる!?)

和「確認しますけど私達付き合ってますよね?まだ皆には言ってませんけど」

京太郎「は、はい!俺から告って付き合うことになりました!」

和「私、いっつも二人きりの時は京太郎君って呼んでますけど今は須賀君って呼んでます。なんでか分かりますか?」

京太郎「え、え~っと・・・」

和「・・・」

京太郎「き、気分転換・・・とか・・・」

和「須賀君」ゴゴゴ

須賀「は、はいっ!」

和「ほんとに分からないんですか!」

京太郎「はいっ!ごめんなさい!」

和「まったく・・・」

和「さっきまで咲さんと会話してましたね」

京太郎「あ、ああ」

和「内容言ってみてください」

京太郎「え、えっ~と・・・今度映画に行こうって」

和「彼女がいるすぐ側で他の女の子と遊ぶ約束する男がどこにいますかっ!」

京太郎「い、いやっ!咲は幼馴染みだだし!和も咲は信用してるし!」

和「確かに咲さんは信用してますけどそれとこれとは話が違います!」

京太郎「ご、ごめんなさい!」

和「他にもゆーきにも抱きつかれてたり!」

京太郎「あ、あれは優希のほうから」

和「部長にも色仕掛け紛いの事されて鼻の下伸びてましたよ!」

京太郎「うぐっ・・・」

和「染谷先輩は・・・特に何もなかったですね」

和「とにかく!他の女の子とイチャイチャするの禁止です!分かりましたか!?」

京太郎「わ、分かりました・・・気を付けます・・・」

京太郎(和怖すぎる・・・)

和「全く・・・須賀君、そこの椅子に座ってください」

京太郎「あ、ああ、これでいいか?」

ギュ

和「須賀君、私怖いんです。須賀君が別の人の所に行ってしまいそうで」

京太郎(お、おお・・・和が俺に後ろから抱きついて・・・立派なおもちが!)

和「須賀君は誰にでも優しいですし、顔もカッコいいですし・・・普段はちょっと抜けてますけど男らしいですし」

京太郎「・・・」

和「ですから須賀君が他の女の子となかよくしてるのを見てると・・・その・・・」

京太郎「和、悪かった」

京太郎「俺結構無神経なことしてたんだな・・・付き合うなんて初めてでさ・・・」

和「須賀君・・・」

京太郎「次からは気を付けるよ。ごめんな和」

和「いえ・・・元はと言えば私の八つ当たりのようなものでしたし」

和「仲直りしましょう、京太郎君」

京太郎「おう!」

和「そ、それでですね・・・」

和「な、仲直りのキ、キスしませんか・・・」

京太郎(キ、キス!?付き合った日以来だ・・・よし!)

京太郎「お、おお!」

和「そ、それで」

和「も、もし京太郎君が良ければ・・・その・・・深い方で・・・」

京太郎(ふ、深い方って・・・よし・・・男だしエスコートしないとな・・・)

京太郎「わ、分かった。じゃあ・・・」

和「ど、どうぞ・・・」

京太郎「・・・」

和「・・・」

チュ ガラッ

久「・・・」

京太郎「・・・」

和「・・・」

久「お、お邪魔しました。か、鍵ここ置いとくわね。それじゃ!」

バタン

和「・・・見られちゃいましたね」

京太郎「見られちゃったな・・・」

京太郎「明日、皆に報告するか」

和「そうですね、元々長く隠しておくつもりはありませんでしたし」

京太郎(深いのはしなかったけど・・・まあいいか)

京太郎「和、俺みたいのが彼氏でいいのか?」

和「京太郎君、私の彼氏があなた以外の人なんて・・・」

和「そんなオカルト、ありえません」

終わり