京太郎がハンドボールで結構いい感じだったということで一筆

心配性咲ちゃん


――グラウンド脇



京太郎「運動部頑張ってんなー」

咲「全国目指してるのは麻雀部(うち)だけじゃないものね」

コロコロ・・・

京太郎「お」

サッカー部員「すみませーん、ボール取ってくださーい」

京太郎「おーう。(俺サッカー苦手なんだよな・・・そうだ、ここは投げて・・・)」

咲「だめーー!!!」

京太郎「おわああっ!?」

咲「ダメだよ京ちゃん!投げちゃダメ!」

京太郎「なな、なんでだよ!?」

咲「ボールなんか投げたら・・・!輝いてた中学時代のハンドボール部のことを思い出して麻雀部辞めたくなっちゃうかもしれないじゃない!!」

京太郎「深読みってレベルじゃねえぞ!!ていうか今が輝いてないみたいな言い方止めろ!」

咲「だから投げちゃダメだよ、蹴るのはいいよ!」

京太郎「どういう理屈だよ・・・つーか普通に体育でソフトボールやってるし…」

咲「・・・!」

京太郎「それだけで顔青くしてんじゃない!わかったよ、蹴ればいいんだろ蹴れば!」

サッカー部員「あのー、ボール・・・(なにイチャついてんだ腹立つ)」


カン