女性「キャー!ひったくりやー!男の人呼んでー!」


洋榎「むっ!ひったくりやって絹!きっとあの全身黒タイツの男や!」

絹恵「よーっし、追いかけるよお姉ちゃん!ついてきてな!あのコ○ンの歌も頼むでー!」

洋榎「まかせとき!後ひっかけ、ならぬ後追っかけの洋榎とはウチのことや!」


犯人「ちっ!女がおっかけてきやがる!」


洋榎「うつむ~く~そのせ~な~かに~♪

絹!射程内や!ほれボール!

いたいあめ~がつき~さ~さる~♪」


絹恵「よっしゃ!いっくでー!大阪名物『通天閣シュート(ByJリー○ーシュート)』やー!!」ドッ


犯人「おっと!!」ヒョイ


絹恵「は、外したっ!?」

洋榎「い~の~る~お~も~い~でみ~ていた~♪

なんやと!?」


絹恵「あっ!あそこの人に当たる!?危ない!!」

??「………」


犯人「あばよっ!大阪の間抜けども!!」タタタタタッ


絹恵「避けっ……!!」

??「…っ!」パッシィーン

絹恵「え…取った……」

洋榎「な~に~も~できないけ~ど~♪」



??「…!」ダダダッ

犯人「!?こ、こんどは金髪の男が追いかけてきたぁっ!こ、こえぇぇーー!!」タタタタタッ


??「っ!」バッ

絹恵「とっ…飛ん……」


??「ふんっ!!」ブンッ


バッチィィーーン!!


犯人「あがぁぁーー!!あ、足がぁーー!!」ゴロゴロゴロ


??「ご、ごめんなさい!久しぶりだから手加減できなかった!」オロオロ


絹恵「あ…あのっ!」タタタッ

??「うん?……ああ、これハンドバッグ、君のだろ?」

絹恵「い、いえ…その…」

??「んじゃ、俺買い物途中だったから」

絹恵「あ……行っちゃった…」


洋榎「に、にじが…か~か~るか~ら~…♪

げほっ…き、きぬぅ……

や、やったな、バッグ取り戻したでぇ…ごほっ…」ゼーハーゼーハー

……

犯人「ちくしょう…もう少しだったのに…」

警官「ほら、歩け!」

犯人「いてて、ちょっと押さないでくれます…まだ足痛いんで」

警官「お…す、すまん」


女性「ありがとなー!取り戻してくれて!ほんまに何てお礼いうたらええか…」

洋榎「はっはっは!それほどでもー!今度は気をつけてな~」

女性「ほんまにありがとうー!」


絹恵「………」

洋榎「……絹、あの男の子のこと気になるんやな?」

絹恵「……うん、どっかで見た気がするんやけど…」

洋榎「少なくとも麻雀ではないなぁ…何者やったんやろ、絹のボール止めるなんて」

絹恵「…………」

洋榎「……惚れた?」

絹恵「ぶっ!!?」



……

久「ふーん、そんなことがあったのね~…」

京太郎「は、はい…で、ですのでたこ焼きを買ってくるのが遅れた次第でありまして…」

久「…あっはは!なーにビビってんのよ!誰も怒ってなんかないって!それにしてもすごいじゃない!」

咲「ふっふーん!なにしろ京ちゃんは中学校の頃はハンドボールの名選手だったんだからね!」ハナタカダカ

まこ「咲…鼻が嘘ついた木製人形みたいになっとるぞ…」

京太郎「いや~、けど…あんなに痛がられるなんて思わなかったんで罪悪感が……それに背中狙ったつもりだったし」

優希「気にするな!悪党を捕まえたんだし、もっと誇れ!

……それにしても、うーん」マジマジ

京太郎「…んだよ」

優希「いっ、いや~…ははは…だ、誰にでも取り柄はあるものだな~っ!///」

京太郎「…褒めてるのか?……だったら、ありがとよ」

優希「…じぇ///」

久「(これは惚れ直したな~?)」ニヤニヤ

咲「ふっふっふーん!ちなみに小学校の時もサッカークラブのエースとして有名だったんだから!」ハナタカダカ

まこ「咲……伸びた鼻に鳥が留まりだしとるぞ」

和「それにしても…中学でやめるのは少しもったいない気もしますね

なぜ麻雀を始めたのでしょうか?」

久「あー、それはきっと…」ジー

まこ「あー、うん…」ジー

和「…?

とにかく須賀君、犯人に立ち向かうという危険な行為はどうかとも思いますが、

良い事をして見返りを求めなかったその姿勢はとっても素敵です」ニッコリ


京太郎「え?そ、そう?なはっ、なはははは~///」

咲「ふっふっふっふーん!みんな~、この人こそ私の自慢の幼馴染(兼婚約者)の須賀京太郎です!」ハナタカダカ

優希「咲ちゃん……鼻の先でとうとう鳥が巣を作り始めたじぇ…大丈夫か?」

……

絹恵「あ…あった、これや」


『少年サッカー通信

特集・ぼくらの町のスゴいやつ!

<長野県・須賀京太郎くん(小5)>

フィールドを駆け抜けるハンサムボーイ!』


絹恵「…ウチが小6の時かな、この子の写真見て胸がときめいたの思い出したわ…


そっかぁ……あの人、ウチの初恋やったんや…

でも…もうサッカーやってへんやろうなぁ…
あの動きも何かハンドボールっぽかったし…


……はぁ」


雅枝「絹恵ー、先に風呂入りー!」


絹恵「あっ、はーい!


……また会いたいなぁ、京太郎君」


願いはきっと叶う

カンッ