私はいつも、彼を図書館から見ていた。

外でコートを動き回る彼らにはまるで翼が生えているように見えた。

鳥のような動きに、私は目を奪われていた。

その中でも目立つ、金色の大きな鳥に。

私は憧れていた、その自由な翼に。

だけれどその翼はある日突然赤く染まった。

傷ついた羽は癒えることなく、大きな傷跡を残した。

翼をもがれた彼は図書館という名の籠へ来た。

別段大した理由はないのだろう。

だけど、偶然でもこの籠へ来たのなら私は力になりたい。

彼の翼は痛んでしまっているけれど、世界は空だけじゃないことを知ってほしい。

地平にだって、海にだって世界はある。

翼がないのならばその足で進めばいい。

それが辛いのなら、私がほんの少しだけ背中を押そう。

「同じクラスの宮永さん…だよな?

俺ここに来るの初めてなんだけどさ何かお勧めの本ってある?読みやすいの。」

彼には、もっと世界を知ってほしいから。

カンッ