よく来たねぇ京太郎。

うん。お邪魔します、トシばぁちゃん。

さて、まずはご飯にしようか。

ばぁちゃんの飯は美味しいから好きだよ。

嬉しいこと言ってくれるねぇ。

本当のことだよ。それじゃぁ、運ぶの手伝うよ。

いいから、座って待ってなさいな。

でも、

いいから、いいから。

ばぁちゃん?

ん?どうしたんだい?

豪勢過ぎない?

久々に京太郎の顔が見れると思って張り切ったのさ。

あぁ、んと、ありがとう。

さて、冷めない内に食べようか。

うん。

『いただきます』

―――ほら、これも食べな。―――これも。―――これは今朝取れたばっかりだから新鮮だよ。

―――もう自分で取れるし、食べれるよ。―――子供じゃないんだから。

―――何言ってるんだい。いくら京太郎が大きくなろうと京太郎は私の孫だよ。―――そして、自慢の子供さ


あぁ。居心地が良すぎるなぁ。

縁側に座って何か考え事かい?

いんや。何も考えてなかったよ。

そうかい。隣失礼するよ。

ん。

久々に膝枕してやろうかい?

ん、じゃぁお願いしようかな。

ゴロン

懐かしいねぇ。京太郎が小さいときはこうして、膝枕してやってたねぇ。ナデナデ

そうだっけ?あんまり覚えてないなぁ。

そうかい。京太郎?

なぁに?

何に悩んでるのかは知らないし、聞きもしない。けど、自分のやりたいようにやりな。そして、胸を張りな。それで、後で笑い話に変えちゃえば良いのさ。

ばぁちゃん。

只の老婆心さね。

ばぁちゃん。

んー?ナデナデ

俺、やりたいようにやってみるよ。あーしとけば良かったなんて後悔しないように。

そうかい。

うん。だから、もうちょっとだけこのままでも良い?

良いよ。ばぁちゃんにたーんと甘えな。

カン