小鍛治健夜は家事が出来ない、という訳ではない。
確かにどちらかと言えば苦手な方だが、致命的に下手なレベルではない。
だから、非才の身でありながらいつも頑張っている義理の弟の為に、お姉さんが頑張って労ってあげようと意気込んだ――ところまでは良かった。

貰い物の西瓜を切ってあげようとしたら、運悪く雷が落ちてきて驚いた拍子に手元が狂ったり。

健夜「痛っ!」

京太郎「姉さん!?」

高級なお茶を振る舞おうとしたら、少し大きめの地震が来てお湯を零してしまったり。

健夜「熱ぁっ!?」

京太郎「大丈夫っ!?」


とにかく、運命に呪われているレベルで尽く失敗してしまい。
結果として、弟に余計な手間をかけさせてしまった。
普段は酒も煙草も吸わない彼女もコレには流石にメゲる。


恒子「両手が絆創膏だらけなのはそういうワケかー……」

健夜「やっぱり駄目なんだ……わたしは麻雀しか駄目なんだねこーこちゃん……」

アルコールで顔を真っ赤に染めて相方に愚痴る健夜。
普段は彼女をからかう立場の恒子もかつてないダウナーっぷりにかける言葉が見つからない。

健夜「だから私はアラフォーなんだ……こんな私は一生独り身の方が良いんだね……」

恒子「……いや、そんなことは無いみたいだよ?」

健夜「……え?」

京太郎「――あの、ここに姉がいると聞いたんですけど……」

京太郎に背負われて帰路につく夜。
逞しくなった義弟の体温を感じると同時に、情けなさも痛感した。

健夜「ダメなお姉ちゃんでごめんね……」

京太郎「そんなことないって」

健夜「でも今も、京ちゃんに迷惑かけてるし……」

京太郎「そんなこと言ったら、いつもは俺が迷惑かけてるし。仕事で疲れてるのに麻雀の指導までしてもらって」

健夜「別に、あれは私も楽しいから……」

京太郎「そういうこと。俺もこうやって姉さんの世話焼いたりするの楽しいし。お互い様ってヤツ」

健夜「……そっかぁ」

京太郎「そうそう」

健夜「……」ギュッ

それに、背中に当たる感触は役得だし――などとは、流石に言えない。
まだまだ弟離れ出来そうにない姉と、姉離れ出来ない弟であった。

カンッ


健夜「頭痛い……」

京太郎「あんなに飲むから……ほら、水」

健夜「ん……」こくこく


健夜(もう……京ちゃんと結婚しよ)

もいっこカンッ