京太郎「……ん……ふぁ……朝か。アレ?ここは……」

京太郎「……あぁ、そうだったな。咲の家に泊まったんだったな」

咲「……すー……すー」

京太郎「おーい、起きろ咲」ユサユサ

咲「ん~……後5分……」

京太郎「5分じゃ絶対起きないだろお前」

咲「んん~……京ちゃんまた飛んだ……」

京太郎「……とっとと起きないと襲うぞコラ」サワッ

咲「ひゃうっ!?」

京太郎「お、起きたか。おはよう咲」

咲「あ、おはよう京ちゃん。ってどこ触ってるの!」

京太郎「……アバラ?」

咲「胸だよっ!!しかも直接触ってる!!」

京太郎「いやお前裸だし」

咲「って本当だし京ちゃんも裸!?なんで!?」

京太郎「お前……まだ寝ぼけてるのか?」

咲「……あ、そっか……昨日は……えっと」カァァ

京太郎「まぁ、そういうことだ。さて、いい加減起きるか」

咲「う、うん。あ、京ちゃん背中すっごいひっかき傷あるけどどうしたの?」

京太郎「……お前のせいなんだけど」

咲「あー……ごめんなさい」

京太郎「まぁ初めてだし仕方ないけどさ、結構痛かったわ」

咲「だって……京ちゃんがやりすぎるから……」

京太郎「おいおい、俺は優しくしたぞ」

咲「そんなに優しくなかったよ」

京太郎「ほぅ……だったらもっかいやって確かめてやろうか」

咲「さすがに朝からはやめてって。その、結構辛いし」

京太郎「冗談だよ。体大丈夫か?」

咲「違和感がまだ結構あるかも……あ」

京太郎「どした?」

咲「……立てない」

京太郎「……朝飯は俺が作るからしばらく寝てろ」

咲「はーい……でも京ちゃんがご飯作ってる間に立てるかなぁ」

京太郎「その時は抱えていって食べさせてやるよ」


カンッ!!