須賀京太郎と宮永咲は彼氏彼女である

中学生の頃になんやかんやあって付き合い始め、そのまま高校へ入学した初々しいカップルなのだ。

二人共健康な少年少女であり性的な事への興味も人並みに持ち合わせていた。

なので


咲「おはよう、京ちゃん、んっー」

京太郎「あはよう、咲、んっ」


朝はおはようのキスをするし。


京太郎「ごちそうさま、咲ー、んっ」

咲「おそまつさま、んっ……ふふっ、お茶の味がするね」


昼はごちそうさまの口づけをする。


咲「ちゅっ、ん、ちゅる、ふぁ、京ちゃん、ダメ、本の整頓できないよぅ」

京太郎「ん、わりぃ、けど咲のよだれが甘くて我慢できない」


図書館の棚の合間でも接吻をする。


咲「んっっ、じゅっ、じゅる……ちゅぷ、きょ……ちゃ、んぐっ、んく、」

京太郎「はぁ、はぁ、咲、もっと、もっとしたい」


放課後、帰路の最中では貪り合うように唇を吸いあった。

そんな二人だが男女の付き合いとしてはBCDで例えるならAまでで収まっていた。

京太郎はBをして暴走した自分が宮永咲を乱暴に扱わないか自信がなかった、彼女を想う気持ち以上に、猿に例えられる自分の年代の性欲を信用しなかったのだ。。

一方、宮永咲は文学少女らしく男女のアレコレに興味はあったが、やはりいざとなると怖いかもと思う質であった。

そして二人共、人並みの常識を持ち合わせていたのでCの結果、妊娠、という事になればよくない事になると理解もしていた。


なので休日、何処にもデートに出かけず、京太郎の部屋で二人で過ごす時なども。


咲「ぺちゃ、ぴちゃ、京ちゃんの指おいしい」

京太郎「すぅー、はぁー、咲のうなじっていい匂いするな」


二人して寝転がって、京太郎が咲を後ろから抱えながら相手を慈しむという形になる。

この時彼らは決して性器には触れない、それは責任が取れるようになってからと決めていた。

二人にとって相手の全てを解っていない事は多少苦痛であったが、それは時間と努力が解決すると知っていた。

須賀京太郎は宮永咲の性器以外、全ての箇所の色、味、音、香り、感触を把握しており。

宮永咲も須賀京太郎の性器以外、全ての箇所の色、味、音、匂い、感触を把握していたので当面問題はなかった。

ともかくそんな彼氏彼女は堅実な将来ため勉学に励みつつ、逢瀬を楽しみ、青春を送るのであった。


京太郎「咲」

咲「どうしたの、京ちゃん?」

京太郎「幸せになろうな」

咲「うん!」



カンッ