怜「なぁ京ちゃん」

京太郎「なんですか、てかなんで俺の上に座ってんですか」

怜「気にしたらあかん。強いて言うなら罰ゲームや」

京太郎「いや、なんの話か見えないんですけど」

怜「だってまた四位だったやろ」

京太郎「うぐ、でも他にも四位の人はいたでしょ」

怜「わかっとらんなー。そんなんただの口実やで?口実」

京太郎「そんなドヤ顔してるとデコピンしますよ」

怜「やってもええけど、ここでうちが京ちゃんに襲われた叫んだらどうなるんやろな?」

京太郎「さっきからみんな見られてるのにそれはないでしょ」

怜「ならもっとくっつこか」

京太郎「ならの意味が全く分からない!」


竜華「……怜が取られた」

浩子「須賀くんが取られた、じゃないんですか?」

竜華「な、なんでうちがあんなアホを!」

浩子(ツンデレやなぁ。態度でバレバレやけど面白いから黙っとこ)


――――――


怜「で、話戻すけどな」

京太郎「そもそも戻すような話があったかどうかは疑わしいですね」

怜「初っ端から話そらしたのは京ちゃんやん」

京太郎「それはこの状態に問題があるからでしょ」

怜「このごくごく自然な状態になにか問題でも?」

京太郎「不自然極まりないですね」

怜「えー、うちら愛し合っとるやん」

京太郎「そんな事実はありません」

怜「もう、いっつもそれやん。こんな美少女のどこに不満があるん?」

京太郎「不満というか……俺達知り合ってまだ一ヶ月ですよ?」

怜「惚れた腫れたに理由なんてないやろ。文句なら入学式の日にうちを助けた自分に言えや」

京太郎「文句も何も、別に嫌ってわけじゃないですけど」

怜「なら問題なしー」

京太郎「節度ってもんがあるでしょうが!」


セーラ「おー、やっとるなぁ」

泉「毎日あきませんね」

竜華「……」

セーラ「んで、竜華は割り込まんでええんか?」

浩子「今日は特別だからって好きにさせてるみたいです」

セーラ「うおっ、なんやフナQいたんか」

浩子「なんだとはなんですか。またヒラヒラの服着せますよ」

セーラ「あ、俺用事思い出したわー。ほななー」

浩子「逃がしませんよっ」

セーラ「捕まってたまるか!」

泉「こっちも相変わらずのようで」

竜華「怜……」




――――――


怜「それはともかく、うち今日誕生日なんやけど」

京太郎「それは……おめでとうございます」

怜「予想以上にドライやなぁ。もちっと気持ちが欲しいわ」

京太郎「でもなんも知らなかったんで、プレゼントなんて用意してませんよ?」

怜「そんなんわかっとるわ。せやから気持ちでええって言うたやろ」

京太郎「気持ちって言われても……参ったな」

怜「心配せんでも、じっとしとるだけでええから」

京太郎「じっとしてるだけ……まさか園城寺さん――」


怜「んむ」

京太郎「――むぐっ」

怜「ぷはぁ……こっちがあげる形になったけど、うちのファーストキスどやった?」

京太郎「……俺も初めてですよ」

怜「ならあいこやん。じゃあもいっこだけなんかもらおうかな」

京太郎「これ以上なにをするっていうんですか!?」

怜「落ち着かないとまたぶちゅーやで?」

京太郎「ぐっ……!」

怜「簡単な話や。うちだけ京ちゃんって呼んどるのは不公平かなってことやな」

京太郎「名前で、呼べと?」

怜「せやな」

京太郎「……怜、先輩」

怜「ダメー」

京太郎「どうして!?」

怜「いいからやり直し」

京太郎「くそっ……怜、さん」

怜「はいダメー。ちょい他人行儀すぎるわ」

京太郎「あぁもう!怜!」

怜「大正解!賞品はあつーいキッスってことで」

京太郎「それはもういいから!」


竜華「もう我慢できへん……こらぁ!須賀ー!」

泉「今日もうちの麻雀部は平和……っと」


カンッ