京太郎「おもち好きなのにおもちに縁がない俺」

咲「いきなりどうしたの、京ちゃん?」

優希「それよりタコス食べに一緒に行くじぇ!」

京太郎「はいはい」

咲「あ、ついでに本屋寄ってもいいかな?」

優希「咲ちゃんも来るのか?」

咲「うん、ちょっと気晴らしにね」

和「……」

京太郎「和も行くか?」

和「いえ、今日は用事があるので帰りますね」

京太郎「そうか……」


京太郎「いつも通りというかなんというか、和からは微妙な距離を感じる」

京太郎「この前、風越の人と会った時は……」


――――――


美穂子「あの、清澄麻雀部の方ですよね?」

京太郎「そうですけど、なんか用ですか?」

美穂子「ごめんなさい、用事があるというわけじゃないんです。前に見た覚えがあったから挨拶しようと思って」

京太郎「ああ、すいません。俺、須賀京太郎っていいます」

美穂子「風越麻雀部の福路美穂子です。よろしくおねがいしますね」

京太郎(来た!おもち持ちの美少女!これはなんとしても仲良くなりたい……!)

京太郎「もしよかったら、ちょっと歩きながら話でも――」

久「あれ、美穂子じゃない」

美穂子「上埜さん!」

京太郎「――しませんか……」

久「奇遇ね。せっかくだし遊びに行く?」

美穂子「はい、是非!」

久「それじゃ須賀くん、気をつけて帰るのよ?」

京太郎「……そりゃないぜ」


京太郎「みたいな感じで部長に持ってかれたし」

京太郎「鶴賀の人たちと遊びに行ったら……」


智美「ワハハー」

京太郎「ぬわーーーーっっ!!」


京太郎「みたいな感じで気力も体力もごっそり持ってかれたし」

京太郎「そもそも、車に乗るって言った時点で他の人逃げ出したんだよな」

京太郎「影薄い子とか、初心者同士で色々話せそうな子とかいたんだけどな。どっちも大きかったし」

京太郎「なんかちっちゃい子からは結構好かれてるとは思うけど」

京太郎「龍門渕に遊びに行った時は……」


――――――


京太郎「ふぃー、やっぱり一仕事終えるとすっきりしますね」

ハギヨシ「本来お客様に手伝わせるものではないのですが……」

京太郎「気にしないでくださいよ。男女の比率がすごい偏ってますからね。ハギヨシさんとあれこれ動いてた方が気が楽っていうか」

京太郎(和は相変わらずだし、沢村さんはこっちに見向きもしないしな……)

ハギヨシ「そう言っていただけると助かります」

衣「ハギヨシー」

ハギヨシ「衣様……どうかされましたか?」

衣「そろそろおやつの時間だから……決して衣が食べたいというわけじゃなくて!」

ハギヨシ「それなら今から持っていこうと思っていたところです」

衣「本当か!」

ハギヨシ「しかも今日は、彼にお菓子を作っていただきました」

京太郎「ども」

衣「こいつは……たしか清澄の有象無象の一人」

ハギヨシ「味の方は私が保証します。京太郎くんは筋がいい」

衣「ちょっともらうぞ」

京太郎「あ……」

衣「……おいしい!」

ハギヨシ「ふふ、衣様もお気に召したようですね」

衣「お前、名はなんという?」

京太郎「須賀京太郎です」

衣「京太郎か……気にいった!衣のお付きにしてやる!」

京太郎「へ?」

ハギヨシ「わがままを言ってはいけませんよ?京太郎くんの意思だってあるんですから」

衣「え~」


――――――


京太郎「それからというもの、龍門渕で働いてみないかって誘いが頻繁に来る」

京太郎「将来の就職先としてはありかもしれないけど、まだ進路とか考えたくないな」

京太郎「くそっ、麻雀部というつながりで色んな人たちと知り合ったけど、おもち持ちの人とはろくに話せねぇ!」

京太郎「これはもはやそういう運命なのか!?」

京太郎「いや、まだ諦めるには早い」

京太郎「全国大会に行けばきっと素敵な出会いが待ってるに違いない!」

京太郎「うおぉぉおおお!やってやるぜ!」


咲「……京ちゃん走っていっちゃった」

優希「こらー!馬鹿犬ー!」


カンッ



奈良


穏乃「ねねっ、スポーツとかやるの?今度一緒に山登らない?」

京太郎「あぁ、また今度な」

灼「今度赤土晴絵FCの集会があるんだけど……」

京太郎「いや、俺あんま詳しくないですし、ファンクラブに入った覚えも……」

灼「大丈夫、一からみっちりと教えるから」

京太郎「ちょっ、それは……い、いやだっ、はなしてくれ!」

灼「怖いのは最初だけ。すぐに気持ち良くなる」

京太郎「やめろぉおおお!!」


憧「お気の毒にね……」

玄「うーん、どうもあの人からは同志のにおいが……」

宥「あんなに生き生きとした灼ちゃん、久しぶり……あったかそう」

憧「こらこら、巻き込まれちゃうでしょ」

宥「あうっ」





鹿児島


小蒔「わっ、男の人……なにか特別な力を感じます」

霞「あらあら、小蒔ちゃんが男の人に興味を持つだなんて……今日は赤飯かしら?」

小蒔「もうっ、霞ちゃん!」

春「……黒糖おいしい」


京太郎「て、天国やぁ」


初美「……けっ、なのですよ!」

巴「は、ハッちゃん、落ち着いて」

初美「これが落ち着いていられるかっ、ですよ!こーんな魅力的な女の子がいるっていうのに!」

巴「魅力、的……?」

初美「……」ストーン

巴「う、うん……そうだよね!」

初美「ちくしょー!」