<部室>

尭深「………」ズズズ

京太郎「はぁー……」

菫「どうした須賀?」

京太郎「あ…部長……」

菫「お前が溜息とは珍しいな。また寝不足なのか?」

京太郎「いえそういうわけではないんですが…その…なんか気怠いんです…」

菫「…もしかして五月病か?」

京太郎「五月病…?」

菫「環境の変化に身体がついていけてないのかもしれないな」

京太郎「ふんふむ…改善方法とかありますかね?」

菫「色々な方法があるが…気分転換などしてとにかくリラックスすることだな」

京太郎「なるほど…」

尭深「お茶飲む?」コト

京太郎「あっいただきます」ズズズ

京太郎「それじゃあ帰ったら色々やってみることにします。部長、アドバイスありがとうございました」

菫「そうか。力になれたようでなによりだよ」




<男子寮>

京太郎(気分転換ならやっぱ運動だな。ちょっと寮周辺を走りに行きますかね)

京太郎「よし、準備完了。じゃあ行きますか!」

照「どこ行くの?」

京太郎「…………」

照「どうしたの京ちゃん?そんなBICサンダーが生産停止されたことを聞いた時のような顔をして」

京太郎「いやそんなこと知りませんよ……それよりなんでいるんですか?」

照「お姉ちゃんだから」フフン

京太郎「まるで意味がわからんぞ…」

照「それより京ちゃんはジャージ着てどこに行こうとしてるの?」

京太郎「結局ここにいる理由についてはスルーですか…

俺は今からランニングでもしに行こうかと。最近運動不足ですし」

照「それは駄目」

京太郎「え?」

照「夜は危険がいっぱい。京ちゃんが危ない」

京太郎「いや高校生に何を言ってるんですか…」

照「不審者に誘拐とかされちゃうよ?」

京太郎「この場合勝手に俺の部屋にいるあなたのほうが不審者だと思うのですが…」

照「私はお姉ちゃんだから問題ない」

京太郎「姉でも人の部屋に勝手に入っちゃいけないでしょ…」

照「……京ちゃんが…不良になっちゃった……」カタカタカタカタ

京太郎「え、ええぇ………」

京太郎(ほんとこの人のなかの俺は小学生辺りで止まっているんだな…

しかし困った…このまま照さんをここに置いてはいけないしな…)ジー

照「そんな目をしても駄目なものは駄目。お姉ちゃんは許しません」トオセンボ

京太郎(こうなったら…)

京太郎「とりあえず照さんは家に帰りましょうか。俺が送りますよ」

照「え?なんd」

京太郎「おばさんと冷蔵庫のプリンが待ってますよ」

照「いこう京ちゃん。危ないから手を離さでね」ニギッ

京太郎(本当に危ないのはこの人だよな……)



<宮永家>

京太郎「さあさあ照さん入って入って」

照「プリン♪プリン♪」タタタ

宮永母「おかえりー…ってあら、京太郎君じゃない」

京太郎「ご無沙汰してますおばさん。これプリンです、照さんに与えてください」

宮永母「あらあらこれはどうも」

京太郎「それではオタッシャデー!」ドヒューン

京太郎(よし!照さんはおばさんに預けて俺はこのままジョギングに…)

照「あっ」コケッ

京太郎「おっと危ない、照さん大丈夫ですか?」ガシッ

照「ありがとう京ちゃん」テルッ

京太郎「いえいえ、では俺はここで」

照「どこに行くの?」ガシッ

京太郎「…ハッ!?」

京太郎(しまったあああああああああ!!!いつもの癖があああああああああ!!)


照「もちろん今日は泊まっていくよね?」

京太郎「い、いやぁ~。でも寮の方に外泊許可貰わないと…」ダラダラ

宮永母「もしもし…はい…はい…お願いします。では…」

ガチャリ

京太郎「あれ?おばさん?何をして…」

宮永母「外泊許可貰っておいたわよ」フフフ

京太郎「」

照「京ちゃん。プリン食べたら一緒にお風呂入ろう」

京太郎「」

宮永母「布団は照の部屋に用意する?」

照「大丈夫。同じベッドで寝るから」

京太郎「」



<部室>

尭深「………」ズズズ

京太郎「…と言うことがありまして…」

菫「リラックスするどころか逆に精神を擦り減らしてしまった、と」

京太郎「………」コクリ

菫「…もう一度私があいつを預かろうか?」

京太郎「お願いしま…」

――――――――――――

<ヘースゴイデスネ!オリャー!!

淡「キョータローちがうでしょ!そこはAボタンを二回!」

京太郎「は、ハハ、ハハハハハハハ………」ポチッポチッ

<コッチミテー!!エッ?

――――――――――――

京太郎「……うっ頭が」ヨロッ

菫「お、おい本当に大丈夫なのか?」アセッ

京太郎「は、はい…ちょっと頭痛がしただけです…

それで照さんを預ける件ですが…また淡のやつが出現しそうなので遠慮させてもらいます」

菫「そうか…でもこれからどうするんだ?」

京太郎「うーん…」

ガチャ

誠子「すみません。遅れました」

菫「亦野…部室に釣竿を持ち込むなと…」

誠子「ははは…すみません。部活終わった流れで夜釣りに行こうかと…」

京太郎「………誠子先輩」

誠子「ん?どうしたんだ須賀?」

京太郎「俺も連れてってください!」

誠子「え?」




<神奈川県海岸>

京太郎「かくかくしかじか」

誠子「なるほど…お前も苦労しているんだな…」

京太郎「ははは…」

誠子「まぁこっちとしては道具さえ自分で用意してくれれば全然構わないぞ」

京太郎「ほんとありがとうございます」ペコッ

誠子「でさ、ひとつ聞いていいか?」

京太郎「……答えられる範囲なら」

誠子「じゃあ聞くが…」






照「京ちゃん、誠子。これをどうすればいいの?」キリキリ






誠子「なんで宮永先輩がいるんだ?」

京太郎「ごめんなさい俺にもわからないです…」ガクッ

京太郎「こうなった以上、照さんの面倒は俺がみるので誠子先輩は気にせず釣りを続けてください」

誠子「あ、ああ。お前がそれでいいならそうさせてもらうよ」

京太郎「すみません…」ペコッ



照「虫……怖い………」プルプル

京太郎「大丈夫ですよー。ルアーがありますからそれ使いましょうねー」

誠子「いいぞ……よし……こい……こい………」



照「京ちゃん。ルアーが巻き取れない」ギュルルルルル

京太郎「回すのはリールであって腕じゃありませんよー」

誠子「私は………ここにいるぞ…………」



照「京ちゃん京ちゃん。何か釣れた」ゴッチャァ…

京太郎「釣れたのはめでたいですがどうしたらそんな風に糸が巻き付くんですか!?今から解くんで動かないでくださいよ!!」

照「鯛だけに?」

京太郎「それはメジナです!」

誠子「いよっしゃとったあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」ウオオオオオオ!




<部室>

尭深「………」ズズズ

京太郎「………………………………はぁ」

菫「それでなぜかついてきた照の相手をしていたら自分は何もできなかった、と」

京太郎「誠子先輩は誠子先輩でキッチリ楽しんでましたけどね…」

菫「なんでどこでもついていこうとするんだあのポンコツは…」ハァ

京太郎「どうしたら俺のプライベート時間を確保することができるんでしょうかね…」

菫「うーむ…」

尭深「……ちょっといい?」

京太郎「ん?どうしたんですか尭深先輩?」

菫「すまん渋谷、お前も解決策を考えて…」

尭深「いえ、そうではなくて……」

菫「?」

尭深「そもそもこれは『須賀君の五月病をどうにかしよう』って話でしたよね?

どうして『宮永先輩や淡に邪魔されずに気分転換するか』って話になってんですか?」

京太郎「いや、気分転換できなければ五月病は…」

尭深「……別に宮永先輩と淡と一緒にできることをすればいいと思う…」

京太郎「…………」

菫「…………」

二人「「あっ」」





<S○EETSPARADISE吉○寺店>

淡「スイ○ラだー!!」キラキラ

照「淡、慌てなくてもお菓子は逃げない」ダバー

淡「テルーこそさっきから涎でまくってるじゃん!」

照「おっと失礼」ジュルッドバァ

淡「止まってないし!」

京太郎(そうだ…そもそも気分転換さえできればいいんだからこの人たちと一緒に楽しめる所いけばよかったんだよな…

って言うか色々考えたりしているうちに五月病とかどっか行っちゃったよもう…)

淡「キョータロー!はやくはやくー!」グイグイ

照「はやく行こう京ちゃん」グイグイ

京太郎「わかったわかった引っ張るな。それと照さんは涎拭いてください」

照「うん」ジュルッドバァ

京太郎「止まってないですよ」フキフキ

京太郎(とにかく今日くらい羽目を外して楽しみますか!)


この後無茶苦茶楽しんだ

カンッ!






おまけ

<男子寮>

京太郎「やっべ…淡と競争したせいで食い過ぎた…気持ちわる…」

淡「うー…もうしばらく甘いものはいいかなー…」

照「二人ともだらしない。私はまだまだいける」フンス

京太郎「あれ以上食べると流石に店員さんが泣くんでやめてあげてください…」

京太郎(……あれ?)

京太郎「………」

照「?」

淡「?」

京太郎(なんでまだこの人たち俺の部屋にいるの?)

今夜も徹夜でしたっ☆by京太郎

もいっこカンッ!