憧「おまたせ~」

京太郎「うわ、なんだそのメガネ」

憧「ファッショングラス。かわいいでしょ?」

京太郎「あぁ、お洒落メガネか。レンズは入ってんの、それ?」

憧「一応入ってるけど伊達よ。あたし目悪くないし」

京太郎「いやしかし、なんというか」

憧「似合ってない?」

京太郎「似合ってるぞ、似合ってるんだけど…」

憧「なによ、はっきりしないわね」

京太郎「いつもより知的に見える?いや違うな」

憧「違うの!?」

京太郎「だって憧は普段から賢そうだし」

憧「ぁ、うん…ありがと」

京太郎「う~ん……あっ、わかった!」

憧「うん、なになに?」

京太郎「いつもより…エロい!」

憧「ふきゅ!?」

京太郎「うん、エロい!エロいぞ、憧!」

憧「大声で連呼するんじゃないわよバカー!!!」ドゴォ

京太郎「ァルエ!!??」


カン