咏「いやー、実況ってのも結構肩がこるねぃ」

えり「あなたはいつも好き勝手やっているでしょうに」

咏「そうだっけ?」

えり「まったく……」

咏「まぁ、小鍛治さんの相方のがよっぽどはっちゃけてると思うけどねぃ」

えり「……それは否定できませんね」

咏「えりちゃんまたため息?幸せが逃げちゃうぜぃ?知らんけど」

えり「誰のせいだと……!」

咏「あははっ、わっかんねー!」

えり「はぁ……もういきますね」

咏「あれ?えりちゃんこれからなんか予定あんの?」

えり「ええ。知り合いの家の息子さんと食事の約束があるので」

咏「それ……もしかして彼氏?」

えり「もう、そんな関係じゃないですよ!」


京太郎「針生さーん!」


咏「あれが……?」

えり「それじゃ、もういきますね」


咏「金髪長身のイケメン……なんかすっげー敗北感」

咏「彼氏じゃないって言ってたっけ……ならちょっとお邪魔しちゃおうかな」


カンッ