京太郎「…すいませんでした」

咲「…」

京太郎「機嫌直してください、お願いします」

咲「…痛かった」

京太郎「う…」

咲「私初めてだって言ったよね?」
咲「もう我慢できないって…何なの?押さえつけられて逃げられなかったし」

京太郎「うぐ…」

咲「優しい京ちゃんが…こんな風に、強引にするなんて思わなかった」
咲「…ショックだった」

京太郎「う、うう…!悪いっ!咲!この通りだ!許してくれ!」

咲「…」

京太郎「言い訳なんて出来る立場じゃない!どんだけ最低だって罵ってくれてもいいから!だから…!」
京太郎「だから…」

咲「…」

京太郎「…許してくれ、なんて…言えないよな…はは…」

咲「…もう」

ぎゅうー

咲「許さないなんて一言も言ってないよ、京ちゃん」

京太郎「咲…?」

咲「…何時まで経ってもちんちくりんちんちくりんってバカにしてきて、彼女になっても全然変わんないし…」
咲「ひょっとして私はそういう対象として見られてないんじゃないかって、ずっと不安だったんだよ?知らなかったでしょ」

京太郎「…咲」

咲「だ、だから…そのね?半分無理矢理って言っても、そういう意味ではちょっと嬉しかったりしたし…」

京太郎「咲…咲…」

咲「…許す」

京太郎「…咲!咲咲さきぃ!咲うわああああ!!」

がばっ!

咲「ひぃっ!?」

京太郎「かわいい!咲かわいい!うわああ!ほっぺたきもちいいいい!!」

咲「やめっ…あんっ…京ちゃ…!ふあぁ…!」


という自給自足 でもやっぱ見返すとキモティ