ザァー

京太郎「うあは~雨が急に降って来やがった!」

洋榎「京太郎、そんなこといっとらんではよう雨宿りするで!」

京太郎「ラジャ!、ってことでそこの店の屋根に一時避難だ」

洋榎「走るで~」


洋榎「はぁ~…えらい目にあったわ~もうビショビショや」

京太郎「今日は晴れるって天気予報のお姉さんいってたんだけどなぁ」

洋榎「…美女がびじょびじょ…」ボソッ

京太郎「…聞かなかったことにしてやる」

洋榎「くっだめか…それより、今日のタコヤキどうすんねん」

京太郎「この雨だしなぁ…また今度にするか?」

洋榎「え~」

京太郎「しょうがないだろ、奢りのことは忘れないからよ」

洋榎「まぁそれなら…」


京太郎「(と、いうか洋榎の奴が雨にぬれてさっきから下着が透けて見えてんだよな…)」

京太郎「(洋榎って着やせするタイプだったんだな…まぁそうか雅枝さんの子どもだしな)」

洋榎「?」

京太郎「(…絹ちゃんほどじゃないけど程よいサイズで…じゃなくて//)」

京太郎「(このままじゃ洋榎が可愛そうだし…よし!)」

洋榎「どうしたんや京太郎?」

京太郎「…洋榎とりあえずこのジャケット着ておけ…雨にぬれてちょっとヤバイ」ミミウチ

洋榎「?」自分の状態を観る

洋榎「あ、あほうなに見てんねん!///」

京太郎「ったくだから早く着ろって…他の人もいるんだしさ」

洋榎「む…ありがとうな京太郎」

京太郎「よし、着たな?雨がやみそうにないから家まで走るぞ」

洋榎「了解や!」

洋榎「(ふふっ…京太郎顔真っ赤なのバレバレやで!)」

このあと愛宕家でお風呂借りたり、なんやかんやあった模様

カンッ