咲「ねえ、どうして?どうして和ちゃんが京ちゃんと付き合ってるの?京ちゃんのことそんな風に見てないって言ってたのに!」

和「…」

咲「答えてよ!」

和「…咲さんが悪いんですよ」

咲「え?」

和「私はあなたの特別な人になりたかったのに、あなたはいつも須賀君のことしか見ていなかったから…」

咲「そんな、私は和ちゃんのこと大切な友達だって」

和「そうじゃないんです!私が求めていたのは友達よりも、もっと大切な関係だった」

咲「まさか、それって」

和「ええ、私はあなたの恋人になりたかった」

咲「そんな…。でも、それがどうして京ちゃんと付き合うことになるの!?」

和「須賀君と私が付き合えば、あなたはずっと私のことを考えてくれるでしょう?」

咲「まさか、その為だけに京ちゃんと…?」

和「滑稽ですよね、彼ったら。私の為に何かしてあげようと悩んだりなんかして。所詮は当て馬なのに」

咲「…」ギリッ

和「なんて、最初は思ってたんですけどね」

咲「え?」

和「そうやって彼と恋人ごっこしてるうちに、段々と彼に惹かれて行ってる自分を自覚していきました。流石は咲さんが好きになった男性です」

咲「それじゃあ、まさか…」

和「ええ、今の私は須賀君、いや京太郎君を本当に愛していますよ。かつてあなたに抱いた思い以上に…」

咲「…」

和「では、私は彼と帰るので失礼しますね。また明日」

ガラッピシャ

咲「……そんなの許さない」

咲「今の話、京ちゃんにしてあげたらどう思うんだろうね」クスクス

咲「自分はただの当て馬ですって言われたら怒っちゃうのかな」

咲「和ちゃん、いや原村」

咲「最後に笑うのは私だよ?」ニタァ

カンッ