清澄のなかで一番結婚したいのは誰ですか?


京太郎「え、みんなの中でですか?うーん…」


……
別室


咲「」ドキドキ

優希「分かってるよな~京太郎~、頼むじぇ~…」ハラハラ

久「あーもう、早く言いなさいよー!」

まこ「悩んどるのう」

和「まあどうでもいい事なんですけどね」

……

京太郎「うーん、付き合いたいのは和なんですよねぇ…」

……

和「ふーん、だから何って話ですがね」

久「そう思うならサタデーナイトフィーバーのポーズするのやめて不愉快よ」

咲「ま、待って!まだ!京ちゃんが何か言おうとしてる!」

……

京太郎「でも結婚なら染谷先輩ですよ、助け合って一緒に暮らしていける自信あります」

……

まこ「なかなか嬉しい事いってくれるのうキャッホーイまあ可愛い後輩の言葉なんかいちいち相手にしてられんがのイエイベイベー」

和「……そんな…嘘です……私が須賀君に選ばれないなんて………」カタカタ

久「私だって期待してたのに……でも私よりこっちの二人の方が深刻ね……はぁ」

優希「ま…まさか…こんなことが……なぜ…そんなバカな……」ブツブツ

咲「おかしい…京咲はいつだって絶対正義のはずなのに…なんで……なんでなんでなんでなんでなんでなんでなんで」ブツブツ



…………

鶴賀編


智美「ワハハ…誰を選ぼうと泣かないぞー…だからドンと言えー」

佳織「うん、いまは緊張と不安で涙ぐんでるだけだね」

睦月「…なんとなく結果は分かってるけど、せめて希望は持ちたいなぁ……」

ゆみ「どんな意見だろうと彼の意思を尊重しよう」

桃子「先輩…それなら目を血走らせないで欲しいッス……キャラ違い過ぎで怖いッス…」

……

京太郎「うーん……佳織さんか睦月さん…?」

……

佳織「ふぇっ!?」

睦月「!」ガタッ

智美「ワハハ…ワハハハハ…」

ゆみ「<●><●>」

桃子「ヒッ…せ、先輩…?」

……

京太郎「うーー…ん………やべぇ悩む……悩む、けど…佳織さんっ!」

……

佳織「ふわ…わわわわわ…///」プシュー

睦月「……だよね、うん…でも可能性はまだゼロじゃないし、ナンバー2だって私はいいし…うむ」

智美「ワハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ」ケタケタ

ゆみ「<○><○>」

桃子「先輩!?先輩っ!!せんぱぁぁぁーーーい!!!」ユサユサ


…………

龍門渕編


透華「こんなの見るまでもありませんが少しの間くらいなら付き合ってあげますわ」フフン

一「うわー、本当にどきどきするねコレ…」

衣「……」ギュウ

純「手、痛いって…」

智紀「………」

……

京太郎「えぇっ、龍門渕の中からですか?………えぇ~っ…」

……

透華「ちょっと!何を悩んでいるんですのっ!!こんなの一人しかいないでしょうっ!!!」

衣「こ、衣は嫌なのかきょーたろー…!?」ギュウ

純「爪、食い込んでるって…」

一「(うーん、まあ…気持ちは分かるよ…)」

智紀「(彼の好み、家庭的からはほど遠いメンバーだものね……)」

……

京太郎「そうだなぁ~…純さん、ですね…家庭を築くとなったらこっちの事も尊重してくれそうですし、頼りがいもありますしね」

……

純「お、オレェッ!!?」ガタタッ

透華「」(真っ白)

衣「」(真っ白)

一「」(真っ白)

智紀「ねえ、その反応はさすがに失礼……」


歩「フヒヒ…」

ハギヨシ「おやおや、仕事もしないでまたよからぬ事を考えているのですか…?」

歩「!?」



…………

風越編


星夏「お疲れ様でしたー」

純代「先に戻っていますね」

未春「いこう華菜ちゃん」

華菜「キャプテンまた後で、だしー」

美穂子「え?えぇ、みんな後でね…」

……

京太郎「そりゃあもう福路美穂子さんですよ!!つーか、今すぐ結婚したいっす!!」

……

美穂子「そ、そんな京太郎君…嬉しい……嬉しい、けど…

でも、華菜のほうが面倒見もいいし、
深堀さんのほうが素敵なお母さんになれるし、
文堂さんのほうが頑張り屋さんで理想の奥さんになれるし、、
吉留さんのほうが優しくて女の子らしいし…


…うんそうよね、私なんかじゃ京太郎君につりあわないわ

せっかく選んでくれて申し訳ないけど辞退しにいかなきゃ…」タタタッ



貴子「………須賀ァ…」クスン





…….

有珠山のなかで一番結婚したい人は誰ですか?


京太郎「え~、そうですね~…」


……
別室


成香「……神よ、できますならばこの杯を私から過ぎ去らせてください、しかしあなたの御心のままになさってください」ブツブツ

由暉子「……恵み深き聖マリア、主はあなたと共におられます、主はあなたを祝福し…」ブツブツ

爽「おいそれは死ぬ前の祈りだから」

揺杏「てゆうか私らってカトリックなの?プロテスタントなの?それともオーソドックス?」

誓子「え、そんなの決まって……あれ、どうなんだろ?」

……

京太郎「揺杏さんですね、辛い時も励ましあえる理想的な関係が築けそうです」

……

由暉子「主~よ~みも~とに~ちかづ~かん~…♪」フラフラ

爽「ユ、ユキ!?どこ行くのさ!!」

成香「うぅ…選ばれなくて残念ですけど納得の答えです…」

誓子「私も残念よ……あれ、揺杏…?」

揺杏「………ふ、ふへ…ふはへほへ…へへ…きょ、京太郎の…お嫁さん…うへへ//////」ピクピク


…………

姫松編


洋榎「これは愛宕家がもらったでぇ!なにしろウチを選んでも、絹を選んでも京太郎は二人の物や!」

絹恵「そうやそうやー!京太郎君をお兄ちゃんと呼ぶか、アンタと呼ぶかの違いだけやしー♪」

漫「……それ結構大きいと思うんやけど」

由子「でも実際にこの姉妹が持っていきそうな気がするのよー…」

恭子「ああ、もう何となくこういうやつの私の役回りって分かるから嫌やねんって…」

……

京太郎「……うーん結構悩みますけど、郁乃さんですかね…なんだかんだで、あの人は良妻になりそうなイメージなんですよねー」

……

郁乃「やったやったやったー♪もう今から役所いってきたいわ~//」ピョンピョン


洋榎「お前かいっ!!……って、アカン、条件反射でツッコんでる場合やないわ!」

絹恵「な、納得できんって!京太郎君!もういっぺん考え直してぇー!!」ガタガタ

漫「あ、アカンって!絹ちゃんのパワーで揺らしたらモニターが壊れるー!」ガッシ

由子「ちょ、ちょっとこれは流石に異議しかないのよー!…てなわけで、はいいつものどーぞ」

恭子「……………メゲるわ」


…………

臨海編


智葉「ふぅ…どうしてこんなお遊びに私が付き合わないといけないんだ」ナガドス

ダヴァン「まったくデス、ラーメン食べてるほうが有意義ってものデス」コルトガバメント

明華「まあまあ、とりあえず聞くだけですから座っていましょう」レイピア

ハオ「明華の言うとおり、終わったらさっさと帰ればよろしいのです」サンセツコン

ネリー「(だったらみんな武器おろしなさいってぇー!き、京太郎には選ばれたいけど今は選ばれたくない…!)」カタカタカタ…

……

京太郎「明華さんですねぇ…お母さん想いなところがいいです、俺の親とも仲良くしてくれそうですから」

……

ダヴァン「What'sthehell!?」

智葉「Goddamnit!!」

ハオ「Bullshit!!」

明華「よくぞ言ってくれました!ん~京太郎、ジュテームジュテーム!」チュチュチュチュチュチュチュチュチュッ

ネリー「(た、助かったぁ~…い、今はこれでいいや……それにしても投げキッスめちゃくちゃ早っ!)」


アレクサンドラ「Holycrap!!」

ネリー「いたんだ!?」


…………

永水編


小蒔「ふわぁ~…き、緊張しますぅ~…京太郎さんに選んでいただけると嬉しいんですけど…」

霞「ふふん」カンゼンショウリ

初美「霞ちゃーん?勝利を確信したとき、そいつは既に敗北しているという言葉があるんですよー?」

春「……京太郎、大丈夫…私じゃなくても気にしないから」ポリポリポリポリポリポリポリポリ

巴「うん、甘いものを食べると落ち着くんだよね…うん、分かるよ…」

……

京太郎「うわっ、あぁー悩む!これは悩む!小蒔さんか霞さんか春か巴さんか…!!うーん…!!」ムムムムム…

……

初美「おいちょっとまてよ」

小蒔「はわわ…」ドキドキ

霞「ふふふん」カンゼンショウリ

春「……」ポリポリポリポリポリポリポリポリポリ

巴「うぅ~…!」ハラハラ

初美「おいこらまてや」

……

京太郎「は、春と巴さんの同率一位……じゃダメっすか…?」

……

霞「」シュワシュワシュワ…

小蒔「ああっ、霞ちゃんの胸がしぼんでいってる!し、しっかり!悲しいのは私も同じですからっ!!」

初美「ちょっと須賀を狩りに行ってくる」

春「…させない」バッ

巴「未来の旦那様は私達で守るっ」バッ


明星「私も名前すら出てきませんでした……くすん」


…………

宮守編


塞「……とうとうはっきりさせる時がきちゃったんだね」

胡桃「……うん」

豊音「選ばれなくっても恨みっこなしだよー!」

エイスリン「モチロン!」

白望「(………私はちょっと恨みそうだけど)」

……

京太郎「あぁーっ!くそっ選べねぇっ!永水の時以上に悩むっ!」ガシガシ

……

塞「…京太郎」

胡桃「大丈夫だよ、どんな答えでも」

豊音「私達は受け入れるよー」

エイスリン「ガンバッテ!キョウタロー!」

白望「………」グッ

……

京太郎「決めたっ!みんなだっ!俺は結婚するならみんなと一緒だぁぁぁーーー!!」

……

塞「京太郎っ!」

胡桃「それが答えならっ!」

豊音「私達は受け入れるよっ!」

エイスリン「キョウタロー!フトッパラ!」

白望「………」フッ


塞「ようし、みんなぁっ!京太郎を胴上げだぁー!」

胡豊エ「おぉー!!」

白望「おー…」


トシ「青春だねぇ…」


……

ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!


あはは、やめろよみんなー
あはははは………


豊音「よーっし!お祝いだから気合をいれるよー!大安パワーマックスチャージ、ゴー!だよー!」


ブォンッ


豊音「あ」


京太郎「うわあああああああ」ヒューン……


五人「あ……」



その後、秋田県は男鹿半島の戸賀湾に浮いている京太郎が地元の漁師たちに発見、救助された

カンッ






新道寺のなかで一番結婚したいのは誰ですか?


京太郎「え、新道寺でですか?そりゃあ……」

……

美子「もう決まってたんだ」

姫子「ええ、そりゃあ部長に決まっとりますたい♪」

哩「よせよせ姫子~、はっはっはっモテる女は辛かね~」

煌「うんうんっ、京太郎君すばらなチョイスですよっ!」

仁美「ああ、これが…前フリってやつね?」

……

京太郎「煌さんです、お嫁さんにするならこの人はかなり理想的です」

……

煌「はぇっ!?そ、そんな!私なんかでいいんですか京太郎君っ!?もう一度よく考え直して…!」

哩姫「」

美子「部長はともかく、どうして姫子まで…」

仁美「決まっとるよ、部長が京太郎ばゲットしたらそこに転がり込んで3人でウフフするつもりだったんやろて…」


煌「あうぅ…でもでも、京太郎君が私でいいと言うのでしたら……その……喜んで…///」




…………

千里山編


怜「竜華ぁ、ウチらは…」

竜華「うん、どっちかが言われても二人一緒やで…」

セーラ「きょ、きょ、京太郎のアホと結婚とかとかとかかかかか…そんなんちぃーとも嬉しくないしなぁー!」

泉「落ち着いてくださいって……船久保先輩は逆に落ち着き過ぎですけど」

浩子「統計的にウチが選ばれる事はないって分かってるからなぁ~…はぁ」

……

京太郎「浩子さんですね…安心して家計の事や将来の事とか話し合えそうですし、やっぱり頭のいい女性ってそういうところ魅力的ですね

……え、竜華さんか怜さんだと思った?
うーん、あの二人はあの二人で独特の世界がありますしね、そこに割って入るようなマネはしたくないというか…」

……

怜「京太郎ー!ほら竜華なんて女、こうやってほっぺつねってぐにぃー、や!……いたたたっ」グニー

竜華「こっちだって怜なんてぐにぃー、や!せやから考え直してー!……爪、爪はあかんって」グニー

セーラ「………ふんだ、最初から期待なんてしてへんわ、してへん…してへんわ……」

泉「う…うってかわってえらい大人しくなりましたね……対して船久保先輩は…」

浩子「うひょっ!?ほひょっ!?はひぇっ!!?
きょっ、きょたっ、きょたろっ、きょたろーがウチ、ウチとっ、けっけっけっけっこっ…かっかおこおけばほがあが…!!?!!?////」



雅枝「あー、ちょっとこの子回収するわ……しかし、泉はずっと冷静やったな…意外や」

泉「そらそうですもん、須賀君の嫁にもそりゃ興味ありますけど、それよりは奴れ…」

雅枝「言うな」




…………

白糸台編


淡「悪いけどテルーは傷つかないうちに帰ったほうがいいよっ」

照「そっちこそ、辛い現実に耐えられなくなっても知らないから」

菫「そのくらいにしておけ、泣きを見る結果になれば悲惨だぞ」

誠子「うーん、選ばれたいけど可能性は低いだろうなぁ…あははは……」

尭深「…」ズズ…

……

京太郎「菫さんです、この人となら共に家の外へ働きに行くのも、中での家事分担なんかも協力し合えると思うんです」

……

菫「なっ…な、ななななななっ…なぁっ……//////////」カァー…

誠子「あはは…おめでとうございます先輩……本当に…」パチパチ

尭深「……………」グビグビグビ←ヤケ茶

淡「嘘…嘘嘘嘘……京淡は常識なのにどうしてどうしてどうしテドウシテドウシテドウシテドウシテ…」ブツブツ

照「…京ちゃんが私を捨てた……京照は当然なのに……?
…そうだ、これは夢なんだ…私は今夢をみているんだ…目が覚めたら枕元で私に腕枕をする京ちゃんが優しくキスを…」ブツブツ



…………

阿知賀編


玄「むふー」コロンビア

憧「…その自信は一体どこからくるのよ………私にも分けなさいって」

穏乃「うぅ~~~、じっとなんかしていられないぃー………もうだめだっ!山へ走りにいってもいいでしょーかー!」

宥「ダメだよ…みんなドキドキしているんだから……じっと京太郎君の答えを待とう、ね…?」

灼「…うん大丈夫、きっとハルちゃんだよ」

晴絵「あ、灼ぁー!あんたって子は…!」ダキッ

……

京太郎「灼さんです、こっちの言う事に流されることなくハッキリと正しい意見を言ってくれそうなので」

……

憧「なっ!…きょっ、京太郎!だまされちゃダメっ!
ハルエがカラスは白いって言えば釣られて白いって言っちゃうような人なんだから!

それよりかは私のほうがハッキリ言うしっ!京太郎の顔も立てるように努力するから…だからぁ…!」

穏乃「あ、憧…重すぎるよ……というか今の京太郎の考えなんだし憧が頑張ればきっと変えられるだろうから頑張ろうよ……私も頑張りたいし…」

玄「うぅ…うぅぅぅぅ……おねえちゃぁん…」ジワ…

宥「よしよし…大丈夫、大丈夫だからね………うん、大丈夫…」ナデナデ

灼「ごめんねハルちゃん…私は前に進まなきゃ……」

晴絵「あ、灼ぁ~……あんたって子はぁ~……」ガクッ




…………

プロ編(いわゆるオチ)



京太郎「う…こ、答えなきゃダメですか……なんかどこからか凄い刺さるような殺気を感じるんですけど……」

……

ゴゴゴゴゴ……

健夜「…」

はやり「…☆」

理沙「…」

咏「…」

良子「…」

靖子「…」

ズズズズズ……

……

京太郎「え、えーと………じゃあ、その…は、はやりさ……」

ピキィーーーーーーン

京太郎「ヒィィッ!?な、なんか背中に悪寒がぁぁー!!………うぅ……え、えと…じゃあ……よ、よし……」

ピッキィィーーーーーーーン

京太郎「ヒェェッ!?さ、さっきより凄まじいのがぁぁー!!………そ、その…す、すこ………」

ピッッキィィィーーーーーーーン

京太郎「アイエエエエエーーッ!!!」




……

10分後


京太郎「ヘイ…ナゼダイ…カバレロォ……ナゼェ、ジョー・ヤブキハァ………」コヒューコヒュー



ゴゴゴゴゴ……


健夜「…どうしてくれるの」

はやり「…はやりのせいなわけ?☆」

理沙「…髪真っ白」

咏「…私の名前言った時に認めてればこうはならなかったんだよ」

良子「…それこそノーウェイですね」

靖子「…まったく、どいつもこいつも大人げないのばっか」


ゴゴゴゴゴ……


健夜「…」

はやり「…☆」

理沙「…」

咏「…」

良子「…」

靖子「…」


ドドドドド……


京太郎「オォ…オソロシイユメデモミテイルノカ……」コヒューコヒュー…



その後、京太郎の髪は海草食べたら治ったそうです

ここに色々いますが誰と一番結婚したいですか?








京太郎「えーと……多いですね……」


……

数絵「私は負けるわけにはいかない…おじい様の名にかけて!」(平滝代表)

やえ「にわかは選ばれんよ」(晩成代表)

いちご「選ばれんとか考慮しとらんよ」(鹿老渡代表)

藍子「いざとなればこのランコー波で…」(后土学園代表)

美幸「そんな名前だったの、も~」(劔谷代表)

絃「私が一番チャイナ服が似合うんだ……一番似合うんだー!」(須和田代表)

憩「まあ選ばれなかったら後で体で思い知らせるだけやしなー」(三箇牧代表)

利仙「それは……どちらの意味でしょうか?どちらの意味であっても許しませんけど」(九州赤山代表)

もこ「………(何か喋ればいいのかな)」(覚王山代表)

真祐子「私がなんで呼ばれたか何となく理解してるつもりだよ…うん」(松庵女学院代表)

……

京太郎「そうですね………結婚なら数絵ですかね?」

……

数絵「や、やった!勝った!結婚した!おじい様ー!この数絵が孫の顔を見せてあげますー!」

やえ「にわかがぁぁぁーーーー!!!」

いちご「こ、考慮しとらん…そんなん考慮しとらんよぉ…」ポロポロ…

藍子「ランコー波・キル・ザ・キョウタロウ発動承認…」

美幸「もー!なんなの!もー!!」

絃「か、彼はチャイナ服が好きじゃなかったと言うの…?!そんな…!」カタカタ

憩「プランBの準備やな」

利仙「ああ?ねえですよんなもん」

もこ「…………(この『封印されし暗黒瞳(ダークネスイービルアイズ)』を使う日がきたか…)」」ゴゴゴゴゴ

真祐子「(lll ゚ Д ゚ lll)」ガーン


……


では、2番目は?



京太郎「はぁ?ここにきて、なんすかその質問……どうしても答えなければダメなんですか?

えぇー……?

そうだなぁ………いちごさん、かなぁ

なんていうかある人のおかげか、広島弁聞くと安心するんですよね」


……

数絵「だめー!京太郎!私は浮気も二股も認めないんだからーー!!!」

やえ「うちしゅじぃぃぃーーーーーーーーーーー!!」

いちご「よ、よかったぁぁ~~……2番目でも嬉しい、嬉しいよぉぉ…」ポロポロ

藍子「私を選ばなかったことを後悔する時間も与えん…!」

美幸「もーー!!お餅っ!お餅もってきて!やけ食いするよ!もーーーー!!!」

絃「そ、そうだ…きっと妻とかじゃなくて愛人にしたいナンバー1なんだきっと……うん、そう…私はそれでいい…うふふ」ブツブツ

憩「なあ、組まへん?あんたにもいい思いさせたるからさ…」

利仙「………ではあっちで作戦を練りましょうか」

もこ「………(この『封印されし暗黒瞳(ダークネスイービルアイズ)』は第6次元の姫にしか使うことが許されない特殊な能力…かの暗黒竜騎士ナサニエルも…)」

真祐子「(lll ゚  Д  ゚ lll)」ガガーン



その後、憩と利仙の襲撃がうまくいったかどうかはまた別の話

カンッ