嫁田「ん?お!お~い、須賀~!」

京太郎「んお?おぉ、嫁田!どうした?」

嫁田「いやいや、どうした?って…お前今日学校休んだだろ?なのに放課後に姿見かけたからよー」

京太郎「おう、悪ぃ悪ぃ。ちょっとこいつ迎えに行っててさ」

???「あ、こ、こんにちは…」ペコリ

嫁田「んなっ!?おい、須賀ー!!おまっ、この子っ、もしかしてっ…!!」

京太郎「ご想像の通り、俺の可愛い可愛い彼女だ!」

???「そ、そんな…可愛いだなんて////」

嫁田「くっそが~~!!(血涙)……って、あれ?この子、確か全国大会の中継で…いや、勘違いか?」

京太郎「あ、悪い、嫁田。ちょっと時間も無いし、俺は麻雀部の方に顔出してくるわ。さ、行こうぜ」

???「あ、うん!」

嫁田「行ってら~。……う~ん…確かに見た気がするんだけど、TVで見た時と印象が全然違うんだよな~?ま、いいか…リア充爆ぜろ(ボソ)」

~~~~~
和「はぁ。つまり、今日須賀くんは理由も言わずに学校を休んだ、と」

咲「そう!そうなの!ね、和ちゃん、酷いと思わない?!ずっと隣にいる私に一言も無しだよ?!」

優希「全くあの犬は!飼い主に反抗するなんていい度胸だじぇ!」

和(この人達はどうしてナチュラルに京太郎くんを自分のものとして扱っているんでしょう…?)

まこ「おんしら、そこらへんにしときんさい。京太郎にも事情があったんじゃろうて」

照「寂しいなら私の胸に飛び込んでくるといいよ、咲」

咲「……お姉ちゃん。やっぱり突然キャラ変わりすぎだと思うよ…」

久「本当ね~。まさか、あの前人未到の個人戦3連覇を果たしたチャンピオンがこんなにもシスコンだったなんて、ちょっとした事件だわ」

優希「今はそんなことよりも犬のことだじぇ!」

和「いえ、違いますよ、優希。今は部活の時間、従って今するべき話は麻雀のことです」

まこ「うむ、そうじゃの。ほれ、おんしら、入りんさい。で、ホントにお願いしていいんじゃな?」

照「任せて。もう大会は終わったし、自由に打てるから」

咲「……負けない…!」

和「チャンピオンが相手、ですか。頑張りましょう」

優希「うぅ…またあの地獄が始まるじぇ……」

久「ふふ。これは面白いことになr(コンコン)あら?は~い、空いてるわよ~」

京太郎「お疲れ様です」ガチャ

咲「京ちゃんっ!」優希「犬っ!」ガタタッ

久「あら、須賀くん?今日は休んだんじゃ無かったの?」

京太郎「あはは…すみません、ちょっと駅まで人を迎えに行ってまして」

まこ「人?」

京太郎「はい。ちょうどいい機会だし、麻雀部の皆には紹介しておこうと思いまして。ほら、恥ずかしがらずに入って来いって」グイッ

???「きゃっ!あ…あ、あの、突然押しかけてすいませんっ!よ、よろしくお願いします!」ペコッ

咲「……え?」

優希「……じぇ?」

和「あなたは…」

照「あれ?淡?」

淡「え?あ、照先輩…どうしてこちらに?」

照「………ごめん、人違いだった」

淡「ええぇぇっ!?いえ、あの、私です、よ?大星淡です」

照「……淡はそんな感じじゃない」

淡「あ…えっと、それは…」

京太郎「あ~、なるほどな。あの、照さん、でしたよね?」

照「そうだけど、君は…あぁ、咲の同級生の須賀くん、だっけ?」

京太郎「はい、そうです。えっと、話を戻しますけど、実はですね、淡って本来こういう奴なんですよ」ポンポン

淡「あぅ…えへへ…」

照「?でも…」

咲「はっ!意識が抜けかけてた!京ちゃんっ!その子、誰っ!?」

優希「そ、そうだじぇ!そいつが何者か、まだ分かってないじぇ!」

京太郎「いや、だからさ、照さんと同じ白糸台高校の大将やってた大星淡だって」

咲「嘘だ!だって、大星さんはもっとはっちゃけた感じだったよっ!」

京太郎「あ~…なあ、淡。お前、よっぽど上手くやってたんだな」

淡「うん!いいお手本があったからね、きっと誰にも疑われて無いと思うよ」

和「……ちょっと俄かには信じられませんね。あまりにも決勝時との印象の差がありすぎて…」

優希「そうだじぇ!お前があの大星とかいう奴だっていう証拠を見せろ!」

淡「えっと、そう言われましても…」

照「……それじゃあ、白糸台にいる時みたいに振舞ってみれば?本物の淡なら出来るはず」

淡「え!?あ、そ、それ、は…」チラ

京太郎「?」

淡「……いえ、分かりました。少し待ってください。気持ちを切り替えます…スゥーッ…ハァーッ…よし!」

淡「虎姫の大将、大星淡で~っす!よろしく!サキとは一度会ってるけど、他は初対面だもんね!」

照「あ、本物だ」

淡「あったり前じゃん、テルー!さっきから何度も言ってるのに~!」

まこ「こ、これはまた…凄まじい変わりっぷりじゃのぅ…」

久「えぇ…さすがの私も驚いたわ…」

京太郎(…あれ?何だろう…なんか、胸の奥がムズムズする…けど、何故か思い出したくないような…)

優希「どうなってるんだじぇ……」

咲「まるで別人…凄い…」

淡「ふふ~ん!凄いでしょ?なんたって淡ちゃんは高校100年生だからね!」

京太郎「!?」

淡「この淡ちゃんに出来ないことはないのだ!」

京太郎「!?!?」

優希「なんか凄い自信だじぇ」

照「淡は自信の塊みたいなところがある。根拠の無い自信も多いけど」

淡「根拠が無いとはなんだ~!私にかかれば…」

京太郎「わ~~っ!!淡、ストップ!そこまでにしてくれ!!」

淡「え~っ。ちぇ~っ………ふぅ…どうですか?」

優希「え?あ、た、確かに、お前はあの大星だじぇ」

咲「う、うん。これはさすがに疑いようが無いね」

淡「ふふ、ありがとうございます」

まこ「で?話を最初に戻すが、なぜ京太郎が大星さんを紹介するんじゃ?」

京太郎「あ、そうでしたね。実は俺、小学生の時まで東京に居まして。その時ずっと一緒だったのがこいつなんです」

久「なるほどね。通りで随分と打ち解けた雰囲気だったわけね」

和「なるほど。ですがそれだけでしたら、わざわざ紹介するほどのことなのでしょうか?」

京太郎「いや、確かに紹介するほどじゃないだろうな。”それだけ”なんだったら、さ」

和「?どういう意味でしょう?」

京太郎「いや~、実はインハイの時に偶然淡と再開してさ。懐かしさとかから色々と話してたら、唐突に自分の気持ちに気づいてな」

咲優「!!ま、まさか…」

京太郎「東京から帰る前日、淡に告白して、晴れて付き合うことになったんだ。つまり、今日は彼女として淡を紹介しに来たんだ」

咲優「」

淡「うぅ…やっぱり恥ずかしいよ、京くん…」

京太郎「相変わらず人見知りなのな。あ、それじゃ俺は淡に長野を案内しようと思うので、今日はこれで」

まこ「ん、まあそういうことなら仕方ないのう」

久「しっかりエスコートしてあげるのよー」

京太郎「はい、ありがとうございます。それでは」

淡「今日はどうもありがとうございました」パタン

咲優「」

照「……咲」

咲優「」

照「ドンマイ」

咲優「う……嘘だ~~~~っっ!!!」



~~~~~~

京太郎「それにしても、なんでよりによって”あれ”なんだよ…」

淡「だって、小学生の時の京くんは、私から見たら輝いてたから。何にも物怖じせず、いつも自信満々だったから」

京太郎「強豪白糸台に1年で1軍入り。舐められない為に強い人格が欲しかった、ね。そんなことせずとも淡なら大丈夫だったと思うけどなぁ」

淡「そんなこと無いよ。きっと、このままじゃ認めてなんて…」

京太郎「丁寧な態度、謙虚な姿勢、そしてその可愛さ。実力も確かなんだから問題無かっただろうさ」

淡「~~~っ!////もうっ!またそんなこと!」

京太郎「ははっ、事実だからいいじゃねぇか。ま、とにかくだ。今日は存分に長野を楽しんでくださいね、俺の可愛いお姫様?」

淡「もう…!////うん、それじゃあ、お願いします」

京太郎「お任せあれ!ってな」

淡「ふふ」

京太郎「ははは」

淡「ねえ、京くん?私、今幸せだよ?」

京太郎「ああ、俺もだ」

淡「ふふ、同じだね?」

京太郎「ああ、そうだな」

淡「ねえ、京くん」京太郎「なあ、淡」

淡京『これからもよろしくね(な)』


カン!