菫さんの誕生日だ!

淡「スミレー誕生日おめでとー」

淡「はい私からのプレゼント」

菫「珍しいなお前が私にプレゼントなんて」

淡「私だってそれぐらいするよーだ」プクー

菫「冗談だありがとな」

照「菫、私からはこれ」

菫「髪飾りか」

照「菫に合うと思って」

菫「ありがとな照」

尭深「私たちからはこれです」ドン

菫「なんだこのダンボールは」

誠子「淡や宮永先輩の相手で疲れていると思って胃薬や頭痛薬」

尭深「それと胃にやさしい茶葉を入れておきました」

菫「ありがとう……どうやって持って帰るんだ?」

誠子「それは須賀に頼めば」

菫「それは悪いだろう」

淡「誕生日なんだしそれぐらい良いと思うなー」

照「それがいい京ちゃんならやってくれる」

菫「須賀に聞かないとダメだろ」ハァ

菫「それよりも須賀はどうした?」

尭深「それなら」ガチャ

京太郎「持ってきましたよー」

菫「なんだそれは」

京太郎「俺の自信作のケーキです」

淡「なんで二つあるの?」

京太郎「1個はみんなで食べるよう、もう1個は菫先輩用の胃にやさしいやつだ」

淡「菫だけずるいー」

尭深「まぁまぁ、淡ちゃん弘世先輩の誕生日だから」

京太郎「お前のときも作ってやるよ」

淡「約束だよ!」

京太郎「はいはい」

菫「それでは食べるとするか」ハーイ
キョウチャンハヤクハヤク、イマキリマスカラオイシーアワイサキニタベルナ!


京太郎「あ、そうだ菫先輩」

菫「なんだ」

京太郎「えっと俺なんかでよければこれから先も」

京太郎「菫先輩の健康管理をさせてください」

誠子尭深「!?」

淡「キョータローへんなのー」

照「京ちゃんわたモガモガ」

誠子「ちょっと静かにしててください」

菫「ああ、よろしく頼む」

淡と照が二人の関係に気づくのはもう少し先の話

カンッ