(初めての入部試験の時)

ガラガラ

美幸「みんな、おっはよー」

京太郎「失礼します」

京太郎(変わった和風の部室だなぁ)

京太郎(部員はみんな裸だな)

京太郎(……てか、お茶を点ててる人もいるし)

京太郎(ここ、ほんとに麻雀部なのか?)

京太郎(………ん?)

京太郎(裸……?)

京太郎(裸?)

京太郎(……)

京太郎「えええええええええええ!!!」ウワアアア


京太郎「ちょっと、椿野先輩!何でみんな裸なんですか!」オロオロ

京太郎「って、なんで先輩も服脱ぎ始めてるんですか!!」アセ

美幸「?、なんでって普通だよね~、梢ちゃん」

梢「そうですね」

梢「私たち麻雀部では、伝統的に裸で部活を行っているのです」

京太郎「」


梢「裸はいいものですよ」

梢「人間は生まれた時の姿に立ち返ることにより」

梢「極限まで集中力を高めることが出来ます」

梢「私たちが最大限の力で麻雀を打つためには」

梢「裸になることが不可欠なのです」

梢「本来なら公式試合でもそうしたいのですが……」

梢「残念ながらそれは叶いませんでした」

京太郎(当たり前だろ)

梢「そもそもなぜこの麻雀部が裸で部活動を行うことになったかというと……」ブツブツ

美幸「あ~、この状態になった梢ちゃんの話はかなり長いんだよね~」

美幸「ほっといてさっそく麻雀しよっ!」

京太郎「」




~対局前~

澄子「よろしくお願いします」

澄子「……その」

澄子「遠慮せずにもっと見てもいいんですよ?」

京太郎「」

友香「よ、よろしくで~」

友香「お、おい……」

友香「恥ずかしいから……あんまり見ないで……」カアッ

京太郎「」

莉子「あ、ああ……ああ…」カタカタ

莉子「わ、わわたし……お、男の人にからだ……」カタカタ

莉子(で、でも……決まりだし……し、仕方ないよね……)

京太郎「ああああああああああああああ!!!!!」

京太郎「集中できねえええええ!!」

京太郎「もうだめだああああああああ!!」

京太郎「うわあああああああああ!!!」


翌日、部室で冷たくなっている京太郎が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

カン!