透華「あ、あの……お父様、お母様、お風呂いただきました……」

須賀父「狭い風呂で悪いね。でも、さすがにこの寒空の下、帰すのは気が引けるから……。ま、今夜は適当にくつろいでってください」

須賀母「ごめんなさいねー、私のパジャマがらいしか着るものなくて」

透華「い、いえっ、そんなことありませんわ!……ぁ、な、ないです」

須賀母「ウフフ、いいのよ別に無理して普通の喋り方しなくても。ちょっと変わってても、ウチの子で慣れてるから」

須賀母(下着、すぐ近くのお店で買ってきたものだけどサイズは大丈夫だった?)

透華(ピ、ピッタリでしたわ……悲しいぐらいに)

須賀母(ウフフ、おもちのサイズ判定は密かな特技なのよー。大きいおもちもいいけど、ちっちゃなおもちも可愛くていいのよねー、これが)

透華(……京太郎のおもちに対する執着って、もしや――――)


京太郎「ちょいウェイトだぜ、母さん!俺の喋り方のどこが変わってんの?」

須賀母「アラ、あなたよく変なこと口に出してるじゃない?ペーポンペーポンとかリーピンチャンタイーペードラドラーとか」

京太郎「それただの麻雀用語だよ……」

須賀母「あら、そうなの?ごめんなさいね、この子、最近大会で優勝したとかで、ずっと麻雀のことばかり口にしてるのよー」

透華「そ、そうですの……」

須賀父「しかし、京太郎が家にこんな可愛いお嬢さんを連れてくるとはなー。立ち振舞いも上品だし、本当にいいとこのお嬢様みたいだよ」

須賀母「あらあら、じゃあ京ちゃんには頑張って玉の輿を目指してもらわないと♪」

透華「た、玉の輿……」

京太郎「やめれ母さん!別にそーいう考えで透華さんと仲良くしてないから!」

須賀父「お、じゃあどういう考えなんだ?」

京太郎「そ、それは………………せ、切磋琢磨する麻雀仲間としてとか、イ、イロイロあんだろ」

須賀父「………………チッ、カスみたいなテンプレ回答しやがって」(ペッ

須賀母「本当に私たちの息子かと思うぐらいクズだわー」(ペッ

京太郎「やめてよっ、そんな道端のゴミ見るような目で我が子を見んなよ!」

須賀父「ゴミどころか、なあ?」

須賀母「ダメですよ、アナタ。透華ちゃんの前でそんな言葉口にしたら、彼女が卒倒しちゃうわ」

京太郎「どんだけヒドイこと言おうとしてんの!?」

透華「ゆ……ゆにーくなご両親、ですわね」

京太郎「ちが、違うんです透華さん。いつもはもう三割ほどマトモなんですけど、きょ、今日は透華さんが来てはしゃいじゃってるだけなんです……!」

透華「それって……か、歓迎していただけている、ということ……ですわよね?」

須賀父母「「ウェルカーム」」

京太郎「マジで恥ずかしいからやめてくれよ、そのノリ……」

透華「――――ウフフ……♪」

京太郎(うぅ、変な見栄張らずにイベントが被った、って言っとけばよかった……。つーか、家誘ってそのままお泊まりとか、いろいろすっ飛ばしすぎじゃねえの……?)



須賀母「―――さて、せっかくのクリスマスイヴだし、お茶とケーキでささやかにパーティーといきましょうか」

須賀父「よかったな京太郎、お前の好きな母さんお手製のイチゴケーキだぞ」

京太郎「オイ、マジでやめろよブッ飛ばすぞ、いつの頃の話してんのさ!」

須賀父「男はいつまで経っても母離れできないもんさ……」

須賀母「今度、私のケーキのレシピ教えてあげるからね透華ちゃん♪」

透華「ハ、ハイ、よろしくお願いいたしますわ、お母様!」

京太郎「うっわ、もう本気で部屋に引きこもりたくなってきた……。地味に透華さんもノリノリだし……」

須賀父「とりあえず何の話をしようか……。うん、普段学校で京太郎がどんな奇異な行動をしてるか、なんてどうだろう」

須賀母「まあ、面白そう♪透華ちゃん、いろいろ教えてちょうだいね、お礼は弾むから」

透華「お、お礼……?」

須賀母「例えば、この京ちゃんの成長を事細かに記録したアルバム(複製)とか」

須賀父「小さかった頃の京太郎の冒険譚から、当時の交遊関係まで網羅してあるよ」

透華「おまかせあれっ、ですわ!!お父様、お母様、何でも聞いてくださまし!」

京太郎「ヤメテッ!?」


そんなこんなで(京太郎を除いて)会話は弾み――――


――AM1:07

須賀父「おっと、もうこんな時間か……」

須賀母「あらホント、もう寝ないと明日に響いちゃいそう」

透華「そ、そうですか……。できれば、その幼少の頃に出会った女の子たちについて、もっとじっくりしっかり聞いておきたかったのですが……」

須賀母「大丈夫よ透華ちゃん、それについては巻末に私のレポートを掲載してあるから」

京太郎「もういっそ殺せよ……」

須賀父「さて、それでとうかちゃんの寝る場所だが……どうしようか」

須賀母「実は客間、お掃除サボっててあまり綺麗じゃないのよねー」

須賀父「すまないんだがね、京太郎の部屋を使ってもらうということで構わないかい?」

透華「(京太郎の部屋、京太郎の部屋で一泊……!)わ、私は問題ありませんわっ!」

京太郎「まあしょうがないよな、場所ないし。それじゃ、俺はカーたんと一緒に居間で寝る―――」

須賀母「あらあら、ホントにそこでいいのかしら?」

京太郎「は?」

須賀父(そんな場所で寝て、明日から父さんと母さんの目を見て話せなくなるような、トラウマ級の大人のイチャイチャを目撃しても知らないぞ、という意味さ)(ヒソヒソ

京太郎「」

透華「?」

京太郎「この……外道どもがっ……!」

須賀母「あら心外。京ちゃんはその場の勢いで一夜の過ちを犯しちゃう子なのかしら?」

京太郎「普通、逆だろ!なんで親が同衾せざるを得ない流れ作るかなあ!?」

透華「ど、同き……え……ええぇぇぇぇえっ!?」


親のごり押しなんかには負けない!

……親には勝てなかったよ――――


【京太郎自室】

京太郎「………………本当に、本当にウチの親がすみませんでした」

透華「い、いえ、わ、私は……たの、楽しませてもらいましたし……」

京太郎(せ、背中が当たってて、全然眠くなんねー……)

透華(ふわぁぁ……!?事情が事情とはいえ、背中合わせでいい、一緒の布団でねむ、眠るなんて……!)

京太郎「あの、ホントに無理だと思ったら言ってくださいね。すぐに俺、居間に行きますから……」

京太郎(それでトラウマ負っても……後悔なんてしないさ、ああ、しないとも)

透華「――――た、確かにこのままだと眠るのは……難しい、かもしれませんわね」

京太郎「じゃ、じゃあ……」(モソ…

透華「っ!……それでも、こ、ここで居間に行かれると……少し……いえ、とても傷つきますわよ、私……」(ギュッ

京太郎「――――ぅぅ……」

透華「…………」

京太郎「…………」

透華「あの、京太郎……?」

京太郎「な、なんですか透華さん……」

透華「お母様のお話に出ましたけど……や、やっぱり男の人というのは、その、ですわね…………た、玉の輿というのを気にしてしまいますの?」


いつの間に寝返りを打ったのか、背中にヒタリと寄り添うようにして投げ掛けられた質問。

その問い掛けの意味が分からないほど、須賀京太郎という少年の頭は鈍くない。


京太郎「俺、は――――」


トッ、トッと背中に透華の胸の鼓動を感じながら、京太郎は緊張に震える唇を静かに開いた――――



ちなみにその夜、京太郎が何と答えたか知っているのは、透華とカピバラのカーたんのみであることをここに記す。


そして、次の次の日の会話へ繋がるんだなこれが。