龍門渕高校――

京太郎「…………」

ガードマン「やあー、京太郎じゃないか!久しぶりだね、君の県大会での活躍、僕もテレビでばっちり見させてもらったよ!!」(ムキムキ

京太郎「そ、そうっすか」

ガードマン「もう痺れたね!あんなスゴイ勝負、僕は初めて見たよ!」(ビッキビキ

京太郎「ア、アハハ~……できればポージングしながら近寄るのやめてくれませんか……」

ガードマン「おーっと、僕としたことが。県大会の有名人が知り合いなことに、つい興奮しちゃったみたいだ!」(キラッ

京太郎「そんな満面の笑みで知り合い発言されても……その、困る」

ガードマン「細かいことを気にしちゃいけないよ?さあ、お嬢様もお待ちだ、ここを通ってくれたまえ!」(敬礼

京太郎(だんだんと馴れ馴れしさが増してきてるなあ、このガードマン……。制服着てても分かるマッチョに肩抱かれるとか、軽くホラーなんだけど……んー?)


龍門渕生徒A「ほら、あちらの方……」(ヒソヒソ

龍門渕生徒B「まっ、こ、こっちを見ましたわよ!?」(ボソボソ

龍門渕生徒C「生で見ますと、テレビで見るよりも一層……」(ポー

龍門渕生徒A「私、マージャン雑誌で読みましたわよ!なんでもあの方は、振り向いて欲しい方のために怪我を押してまで大会の決勝戦に挑んだとか……!」(ヒソヒソ

龍門渕生徒B「まあー、まあまあ、それはホントですね!?だとしたら、その振り向いて欲しい方というのはとても幸せ者ですわね!殿方にそこまで好いていただけるのですから!!」(ボソボソ

龍門渕生徒C「ロマンチックで羨ましいですわ~。私もそんな風に、身を賭して想いを伝えてくださる方と出会えれば……」(ポー


京太郎「…………な、なんかスゲー、一挙手一投足を観察されてる気がすんだけど」


龍門渕生徒A「……これはあくまでただの噂なのですけれども」(ヒソヒソ

龍門渕生徒B「あなた、なにか知っていますの!?」(ボソボソ

龍門渕生徒C「なら、是非ともお聞かせ願いたいですわ……!」(コソコソ

龍門渕生徒A「ええ、ええ、もちろんですとも!それで、その噂なのですが……そもあの方が県大会に出場したのは、この学園の理事長のお孫さま……龍門渕透華様のお見合いを阻止するためだったとか!」(ヒソヒソ

龍門渕生徒B「その話、私も耳にした覚えがありますわ!と、ということは、もしや――!?」(ボソボソ

龍門渕生徒C「ハッ……お二人とも、あちらをご覧になって!噂をすれば影ですわよ!!」(コソコソ


京太郎「なんなんだ、あの人達。マジで気味悪いし……金持ちって暇なのかな――――あ、透華さん?」

透華「ぁ……あ、あんまり来るのが遅いので、その、む……迎えにきてあげましたわ!」

京太郎「そんなわざわざ悪いですよ……。っていうか、もうすぐ部室に着きますってメールで連絡しておきましたよね?」

透華「それでも、ですわ!た、ただでさえ、この学校であなたは目立つようになっているのですから……あの、だから……有象無象に囲まれていないか心配してあげたのです!!」(クワッ

京太郎「いやいや、バンナソカナ。一回雑誌に出たぐらいで、話もしたことない女の子に興味持ってもらえるなんて、そんなウマイ話――」

透華「ウマイ!?京太郎、あなたまさかこれ幸いと手当たり次第に女の子と仲良くなるつもりでは……!」(ワナワナ

京太郎「だから、ないですって。俺から声掛けたとこで、何言ってるのこの人~、とか思われるのが関の山ですよ」(ケラケラ

透華「――――そうは思えないから心配していますのに」(ボソッ

京太郎「と、とりあえず迎えにきてくれてありがとうございます。それじゃ、部室に行きましょうか。衣さんとか、早く麻雀したいってざわ…ざわ…してますよ、きっと」

透華「あの子にざわ…ざわ…を覚えさせたのは誰ですの、まったく……」(プリプリ

京太郎「面目次第もございません」

透華「フン、自覚しているのなら許しますわ、自覚しているのなら。さ、行きますわよ!」(グイッ

京太郎「うわ、っと?」(腕抱かれ

透華「――――い、言っておきますけどっ……!京太郎にチョッカイかけたら……その、酷いですわよ!?どう酷いのかというと……な、鳴きますわよ、目の前で!!」

京太郎「あ、あの、透華さん?どこに向かって叫んでるんですか……?」

透華「京太郎には関係ありません!」(プイッ

京太郎「ワケガワカラナイヨ……」



龍門渕生徒A「…………さきほどの透華さんの言葉、聞きました?」(ヒソヒソ

龍門渕生徒B「ええ、ええっ、聞きましたとも!この耳で、バッチリと!」(ボソボソ

龍門渕生徒C「ハアァ~~……普通では叶わぬ庶民とのあんな関係……憧れてしまいそうですわ~♪」(ポー




世間知らずのお金持ちの箱入り娘も、恋の話とかそーいうのが大好物。そんあお話。

終われ