郁乃「今日はごめんねー、部の備品買い込むんに男手ほしかったんよー」(アッチへひょこひょこ

京太郎「い、いえいえ、このぐらいだったら……ええ」

郁乃「やっぱり男の子がおると違うねー、頼りになるわー」(コッチへふららー

京太郎(せわしないっ……翻弄されている……!)(キョロ……キョロ……

郁乃「えへへー……こーやって並んで歩いてるとー」(ダキー

京太郎「ちょっお……!?」

郁乃「なんやー、仲のええカップルー、って感じやねー」(腕組み

京太郎(二の腕に感じる……この感触、オ、オッパイかっ……!ていうか、なんだ……適度に押しては返す絶妙な力加減はっ……!?)(須賀に電流走る!

郁乃「どしたんー、須賀君。なんやー、歩き方ぎこちなくなってんでー?」(フニフニ

京太郎「い、いいえ、ソンナコトナイデスヨ?」

郁乃「ふーん、じゃあ買い出しは終わったし、今日はこのまんまデートしよなー♪」(キュムキュム

京太郎「ぁ、ヤメテ、それ以上はいけない……!」(ざわ……ざわ……

京太郎(和や絹恵さんなんかと比べれば取るに足りない、世間的に見ればフツーのオモチだというのにこの威力……だと……!?ややややべえ、落ち着け……麻雀やってる時のリスペクト精神を使えば、たかがオモチの一つや二つ堪えられるっ……!)(ざわ……ざわ……!

郁乃「えー、あかんの?」(フニュー

京太郎「ダ、ダメじゃないけどダメなんですよ……わかってください、それぐらいっ……!」

郁乃「だからー…………あ・か・ん・の?」(囁き艶声

京太郎(ク、クリア・マインドッ…………リミットオーバーアクセルシンクロォォォォォーーーッ……!!)(京太郎、覚醒っ……!

郁乃「もー、つれへんわー…………もしかして、根腐れしとるー?」

京太郎「失敬な!?」(京太郎、愕然っ……!

洋榎「…………買い物してる時に見かけて、うち差し置いてなにおもろそーなことしてんやー、つっこんだろ思ったら……」(ウギギ

絹恵「お姉ちゃーん、これ以上デバガメしててもダメージ負うだけやってー、もう帰ろーよ」

洋榎「オッパイか、しょせん女の器量はオッパイで決まるってか!」

洋榎「うぅぅ……京太郎のアホーっ!」(ウェーン

絹恵「あぁ、お姉ちゃんがグリコの人みたいなカッコで走っていってしもた!?」

絹恵「お、追いかけなデバガメと、その前にメール、メール」(ペコペコポン


京太郎「うわっ……メ、メール?」

郁乃「えー、誰からー?」

京太郎「なにナチュラルに人の携帯覗きこんでるんすか!?」

郁乃「ええやんー、私と須賀君の仲やんー♪」

京太郎「姫松の監督(代行)と他校の生徒の間柄のはずですけど!」

京太郎「ええい、と、とりあえずメールの確認だけは…………?」

郁乃「うーん?」

絹恵『虫酸ダダダッシュ!(゜д゜)、ペッ』

京郁「???」

一度終われ