憩「ちゅーわけで、全国個人戦出場者の親睦を深めるためにみんなでかくれんぼしましょー!」

一同「おー♪」

京太郎「え、なにこれ怖い……」

憩「どしたん、京太郎君?」

京太郎「どしたん、じゃないですよ!なんなんですかこの面子!?」

利仙「え?」

もこ「……」

藍子「ん?」

絃「――――」

京太郎「どーしてかくれんぼすんのに、東海王者とか静岡一位とか千葉MVPの人達を呼び出してるんですか!?」

憩「だって、二人やったらあんまり面白くないやん?」

憩「まあ~?京太郎君が二人っきりで遊びたいって言うんならそれもありなんやけどね」

憩「ところがどっこい……!今回はさっき言った通り、みんなと親睦を深めます……!!」(ざわ……ざわ……

そっとしておこう……

京太郎「はあ……分かりました」

京太郎「でもみなさん、忙しかったりするんじゃないんですか?」

利仙「大丈夫ですよー」

藍子「こっちとしては嬉しいお誘いだったしね」

京太郎「そうなんですか?」

藍子「まね。ほら、もこってシャイだから……こーやって遊んでくれる人少ないの」

もこ「…………」(ブツブツブツブツ

京太郎「…………なるほど」

憩「では、京太郎君も納得してくれたとこで鬼を決めたいと思いまーす!!」

憩「出ーさなきゃ負けよ、イン・ジャン・ホイ!!」

一同「――――あ」(チョキ

もこ「――――」(パー

藍子「えっと、大丈夫もこ?鬼だけどでき――」

もこ「――――♪」(ぎひっ

藍子「あ、大丈夫そーね」

京太郎(あれ喜んでるんだ……)

絃(あれはあれで可愛いとは思いますが)

憩「―――――そ、それじゃあかくれんぼスタート~♪」




――――それからどうした

【ロッカールーム】

もこ「…………?」(キョロキョロ

ロッカー「――――――――」

もこ「…………」(ガン、バン、ドン、バカッ……!

ラストロッカー「…………」(ざわ……ざわ……

もこ「……♪」(ぎひっ

タッタッタッタ……

ロッカー「……………」

【ロッカー内】

京太郎「……行ったみたいですよ」

憩「やね……。いやあ、まさかうちの隠れよ思ったロッカーに京太郎君が入っとったとは……フフッ、気が合うねえ」

京太郎「それで同じロッカーに入ってくるのはどうなんですか?」

憩「えー、いいやん、まだ余裕はあったんやし」

京太郎(い、いや、こんなに密着してるといろいろマズいんだよ……。ボリューム不足とはいえ柔らかい感触とか、なんかいい匂いとか……!)

京太郎「と、とりあえずもこさんも行きましたし、一旦出ましょう!暑いですし!!」

憩「え?あ、う、うん、そうやね」

憩(ちょっと汗かいたしな……臭かったりせえへんやろか……)

憩「よいしょ―――――っと?」

憩「えっと、あれ?……嘘やろ?」

京太郎「あの、どうかしたんですか?」

憩「ゴメン、京太郎君――――ロッカーの扉、開かへん……」

京太郎「え……ええぇぇぇぇぇぇぇっ!?」




――半時間後

京太郎「―――――」

京太郎の頬を汗が流れる。
が、それも致し方なし。緊張している……狭い空間、世間で上から数えた方が早いであろう容姿の少女と密着している、そんな状況っ……!

京太郎「……だ、大丈夫ですか荒川さん?」

憩「ぅ、うん……」(モジモジ

異様な状況……
肌の触れあう狭い空間に男女二人きり……意識せざるを得ないっ……!

京太郎(時間が経つにつれて、荒川さんが挙動不審になっていく……)

憩(うわうわやばいやばい……!)(グールグル

徐々に高まっていく危機感と、異性とぴたり寄り添っている状態に憩はクラクラし始めていた。


光源がロッカーの隙間から差し込む光だけの空間。耳まで熱くなっている自分の顔を見られなくてよかったと、激しく鼓動を打つ胸を気にしながら思う。

憩(さっきからずーっと、京太郎君にうちの胸押し付けとる形なんやけど……ど、どないしよ……!こ、このままこんなん続いたら――――)

駆け抜ける脳内映像……!
ロッカーの中、激しく抱き合い……確かめ合うっ、お互いを……!


――――荒川さん……いや、憩さん!俺、もう……!!

――――あ、そ、そんなん……こんな場所じゃアカンよ……!


憩(――――う、うわーーーー、うわーーーーーー!?)(悶々

いつもは余裕のある態度で接しているのだが、さすがにこうした状況など考慮しているはずもなく、憩の思考は散り散りになっていくばかりだ。

憩(い、意外と京太郎君、体がっしりしとるし……なんちゅーか、香水とか使ってへんのに嫌な匂いせえへんし……)

男っぽさ、というのだろうか。
とにかく、性別というものを強く意識せざるを得ない。

憩(ぅ、ん……アカンて、変な気持になってまうよ……)

密室の中に居続けたせいで、少し服の中が蒸れてきてしまっている。
男の子には分からないかもしれないが、これで意外とスカートというのも中に熱が篭るのである。
まして、汚れや痛みに強いナース服の生地。梅雨時のように着心地が悪くなってしまっていたりした。

憩「ちょっとゴメン、京太郎君……」

京太郎「え、ちょっと、荒川さん!?」

憩「え―――――ッ!?」

モゾモゾと狭いのを承知で、熱を抜くために体を蠢かした瞬間、京太郎から狼狽した声が届く。
どうかしたのかと、たいして気にも留めず顔を上げたところで憩は気付いた。


憩(――――――――ちょう背伸びしたら口ひっついてまうやんーーーー!?)

京太郎「―――――――」(ギリギリ……

憩が顔を上げたことでさらに接近した唇を回避するため、首を限界まで伸ばしている京太郎の努力が涙ぐましい。

憩(……だからって、ここまで必死に避けてんのはどーか思うけどね)

京太郎「あ、の……?」

憩「――――京太郎君は嫌?」

首を伸ばしたままの京太郎の目を真っ直ぐ見つめて聞いてみる。

京太郎「え、嫌ってどういう意味……ええ!?」

憩「――――」

狼狽する京太郎を暫し見つめた後、憩は静かに目を閉じて――――

京太郎「うおっ、眩しッ!?」

憩「…………え」

ガボンッ、と薄い金属板の震える音と共にロッカーの中に光が溢れた。
逆光に目が眩むが、すぐに明るさに慣れる。振り返った先の視界に立っていたのは、ゴシックロリータ風の服と、左目を隠すリボンや包帯に身を包んだ対木もこ。

もこ「…………」

京太郎「――――」

憩「――――――――」

沈黙が痛い。
そういえば自分達はかくれんぼをしていたなあ、と今更ながら思い出す京太郎と憩に、もこは感情の窺えぬ顔――――いや、違った、子供が見ればひきつけを起こすような満面の笑みを浮かべてくれた。

もこ「――――――――♪」(ぎひっ!!

京太郎「ヒイィッ!?」

憩「も、もしかして……」

もこ「~~~~♪」(ブツブツブツブツ

最後に残ったロッカーを開けずに去ったのはもしや、と考える憩。

京太郎「み、見つかっちゃったことだし、戻りましょうか……」

憩「う、うん、そやね……」

真実を知るのは、凶笑と呼んで差し支えない笑みを残して背を向けるもこのみ。

憩(ちょっと……惜しかったかもしれんね)

喉元過ぎればなんとやら。
次、同じ状況になったら今度は躊躇わないでいこうと決心する憩であった――――