※時系列は女子団体戦終了後の夜です

憧「えーそれでは」コホン

憧「私たち阿知賀麻雀部の全国出場を祝いまして……」スッ

憧「かんぱーい!」←※お酒ではありません

全員「かんぱーい!!」イェーイ!



京太郎「けど大丈夫なんですか赤土先生?」

晴絵「ん?なにが?」

京太郎「いくら祝勝会だからって七人分の焼肉代って結構かかるんじゃ……」

晴絵「それなら心配しなくて大丈夫、今日の分のお代はみんなの親御さん達から貰ってるから」ニッ

灼「お母さん達から?」

晴絵「うん、勝ったら祝勝会で、負けたらお疲れ様の会って事でね……まぁ、足りない分は私が出すから思う存分食べていいからね」

穏乃「うっはー!!なにこれうまー!!これ何肉!?」モグモグ

玄「えーっとね……特選黒毛和牛だって」

憧「ううーん!この霜降り……たまんない!!」モキュモキュ

宥「あったかーい……」ホワワワ


灼「……もう好き勝手食べてるけど」

晴絵「あ、こら!私の分も残しといてよね!!私だって焼き肉なんて久しぶりなんだから!」プンスカ

憧「ふっふふーん、お肉は早いもん勝ちよ」ジュー

玄「あ、もう食べ頃だね」ヒョイパクッ

憧「あぁっ!?わ、わたしのカルビが……!?」

玄「勝負の世界は厳しいのです!」モグモグ

穏乃「んもぐっもぐ……んぅー、ロースうまー!」

宥「ハラミおいしい……」モグモグ

京太郎「みんないっぱい食べてんなー……、おっと!トントロいただきー」パクッ

灼「ホルモン美味しい……」モキュモキュ

穏乃「ふひー、食べた食べたぁー」

宥「もうお腹いっぱい……」

灼「よくマフラー着けて焼き肉食べれますね……」

憧(……あーやっば、またしばらく登下校はランニングしながらかなぁ………体重計見るのが怖い)ブルッ

京太郎「でもこうやってみんなで囲んで肉を食べるっての良いですね」

玄「またこうして集まって食べれたらいいねぇ」ポワポワ

晴絵「ならこんどまたみんなで食べに来ようか」

穏乃「え?いいんですか?」

晴絵「うん、もちろんインターハイで優勝してからね!」ニコッ

憧「へぇー、そりゃあ頑張らないわけにはいかないわね!」

京太郎「勝たなきゃいけない理由が増えましたね」

晴絵「その時には……そうだなぁ、みんなで私にステーキでも奢ってくれたらいいなぁ……もう霜降りがドーンと乗っかってるくらいの!」ウットリ



京太郎「なぁ……どうする?」ヒソヒソ

憧「一人千円出せば六千円よ、それだけあれば上等な肉ぐらい買えるって」ヒソヒソ

穏乃「霜降りかぁ……私が食べたいくらいだよ……」ジュルリ

宥「あ……お肉ばっかりより野菜とかもあったほうがいいよね?」

玄「そーだね、野菜とか魚の調理ならおまかせあれ!」

灼「ハルちゃんのためなら五千円だしても平気かな……」

晴絵「ちょっ!?冗談だから本気にしなくていいから!!教え子に奢らせるほど酷い大人じゃないからね!?」アタフタ

京太郎「え?」

憧「そうだったの?」

晴絵「あんたらは私をなんだと思ってるのよ!」

京太郎「ははは……あ、俺ちょっとお手洗いに……」ガタッ

灼「私もちょっと……」スッ




一方……隣の部屋

やえ「…………」ジュー

由華「…………」グスッ

日菜「…………」ジュー

良子「もぐもぐ……もふもふっ」モグモグ

紀子「」スピー

晩成部長「…………」ジュー

晩成部長(……気まずーい!!)ジュー

晩成部長(小走は落ち込んでるし巽は泣きっぱなしだし木村は無言で肉焼いてるし丸瀬は寝てるしてか上田はちょっとは空気読めっ!!)ジュー

晩成部長「……な、なぁ……いい加減元気出せって……ほら!お前らにはまだ個人戦があるわけだし、団体戦の事を引きずってたら個人戦も勝てな」

やえ「いいよなお前は……団体戦も個人戦もインターハイに出れるからな……」フッ

晩成部長「ぐぅっ」

晩成部長(くそぅ……こうなることを先読みしてたから他のやつらは来なかったのか!!厄介事は全部俺持ちかよ!)

紀子「すぴー」ブシュゥゥゥ

晩成部長(お前はいい加減起きろォォォ!!肉焦げてるじゃねぇかァァァ!!)パッパッパッ←肉を小皿に移しかえ中

由華「……ご、ごめんなさい先輩……わたしが阿知賀の大将を追い越せなかったからっ……」グスッグス

日菜「それを言うなら私だって、もっと稼げてたら……うぅ……」グスッ

良子「むー、物足りないな……カルビ追加するけど良いよねー?」ピッ

晩成部長(空気読めぇぇぇぇぇ!!)

晩成部長(だめだ、このままここにいたらストレスでどうにかなりそうだ……一回体勢を立て直そう)

晩成部長「すまん……ちょっとトイレ行ってくるわ……」ガタッ

やえ「私も行ってくるか……」ガラッ


京太郎「灼さんは食後にデザートとか食べたりするほうですか?」

灼「んー、あんまり食べないほうかな……」

晩成部長「……ん?」ピタッ

京太郎「……え?」

灼「……あっ」

やえ「むっ!?」


その後、阿知賀と晩成によるリベンジマッチと称した二次会に発展していき、お互いが仲良くなったかとうかは別の話……

栄光(?)のヤキニクロード、カン