――――ラジオ局

咏「さーて今週も『それいけCatchamber』の時間だよ。知らんけど」

咏「パーソナリティは私三尋木咏。アシスタントにもはや恒例の京ちゃんだよー」

京太郎「お願いします!咏さん、今日はゲストの方が居らっしゃるんですよね!」

咏「そうそう、ゲストはこちら、瑞原はやりプロ!」

はやり「はーい、瑞原はやりです!よろしくおねがいしまーす」

京太郎「この間はラジオでお世話になりました」

はやり「いやいや、結構好評だったんだよー?」

咏「京ちゃんはなんか知らんけど異様にラジオ出演多いよねぃ」

京太郎「はは、宇宙の意志が俺にそうさせてるんですよ……」キリ

咏「まじめな顔して何言ってるんだか。じゃあ今日もいってみよ。知らんけど」



京太郎「ってスタッフの方々、急になんですか?え、俺に新しい台本ですって?」

京太郎「はぁ、分かりました。俺がタイトルコールすればいいんですね。ごほん」

京太郎「京ちゃんを落とせ!女子プロに読んでもらおうのコーナー!」

咏「」ブーッ

はやり「」ブーッ

京太郎「ってなんすかこれぇ!?」

カンペ「後で謝るからとりあえず続けて!」

京太郎「わかりましたよ!説明続ければいいんでしょ!?」

京太郎「えー、なになに?このコーナーではお便りに書いてある台詞を咏さんとはやりさんがそれぞれ読んでどちらがより可愛かったかを京ちゃんに判定してもらおうというコーナーです」

京太郎「単純な演技力だけじゃなく、いい台詞を引く運も必要になります。だそうです」

京太郎「え、俺が判定するんですか?」

咏「す、スタッフあとで覚えてろ……」ボソボソ

はやり「どうしてゲスト出演でこんなことに……」ボソボソ




京太郎「さて、お二人の台詞が決定した模様です」

咏「え、私こんなの読むん?うがー、わっかんねー!」

はやり「確かに『牌のおねえさん』ではあるけど……これはちょっと///」

京太郎「なんだか様子がおかしいですね。2人共ハズレを引いてしまったんでしょうか」

カンペ「じゃあ咏さんからお願いします!」

咏「うえぇ、私からかよ……どうなっても知らんからな!」

咏「えー、ごほん」

――咳払いをした咏さんは、ラジオの収録だというのに一旦席を立ち、こっちを向いて駆け寄ってきて

咏「お風呂にする?ご飯にする?それともわ・た・し?」カァッ

などとチラチラこっちを伺いながら言い放ったのだった。

京太郎「ごはぁっ!?」

京太郎「な、なんですかこの破壊力は……」

咏「わ、私にここまでさせたんだから選ばないとどうなるか……、わっかんねーよ///?」

はやり「じゃあ次ははやりの番ですね!負けませんよ!」

京太郎「なんでソコでやる気を出すんですか!?」

はやり「女の意地ってやつだね!ごほん!」

――同じく咳払いをしたはやりさんは、やっぱり席をたってこっちに向かってくる。これラジオ収録ですよ?

そして、机の上に片膝を立てて座り、見事なそのオモチを反対側の手で持ち上げるようにしながら俺を見てこう言い放った。

はやり「うふふ、お姉さんが色々教えてア・ゲ・ル」ホホソメ


京太郎「うぐぅっ!?」

京太郎「はやりさんもなんて破壊力……」

はやり「その、すごく恥ずかしかったです///」

京太郎「これはあまりにも甲乙つけがたい……決めなければいけないのか!?」




京太郎「……決まりました」

咏「」ゴクリ

はやり「」ゴクリ

京太郎「最初に言っておきます。どちらも非常に素晴らしい演技でした。台詞の魅力を十二分に引き出していたと思います」

京太郎「だからこそ非常に悩みました……。できることならどっちも勝ち、それでいいじゃないかとも」

京太郎「でもこれは勝負ということなので、泣く泣く勝敗を付けさせていただきました。今回の勝者は――」

京太郎「瑞原はやりさんです!」




咏「そ、そんな……わっかんねー」ガックリ

はやり「や、やったー!やりました!」ワーイ

京太郎「って、このコーナーで時間使い切ってるじゃないですか!」

京太郎「咏さん、コールお願いします!」

咏「は?うん。それでは今週はここまで、来週もやるかは知らんけど、またねー。はぁ」

――――

京太郎「お疲れ様でしたー」

はやり「お疲れ様でした」

咏「お疲れぃ」

はやり「ラジオ楽しかったです!また呼んでくださいね!それじゃあはやりは失礼します!」