咏「じゃあ今週もラジオいこっかー。知らんけど」

京太郎「もう確定事項なんですね……」

咏「え、京ちゃんこないの?」

京太郎「行きますけれども!」

――――ラジオ局

咏「さーて今週もこの時間だ。『それいけCatChamber』始めようかねぃ。知らんけど」

京太郎「そこは知っておいてください!」

咏「メインパーソナリティは私三尋木咏。アシスタントは恒例になりつつある京ちゃんでお送りしちゃうよー。知らんけど」

京太郎「今日もよろしくお願いします」

咏「さて今回からは京ちゃんに手伝ってもらうコーナーもお便りで決まることになったよー。今週はコレ!」


咏「わっかんねーけど新コーナー。題して『京ちゃんに読み上げてもらおう!』」

京太郎「なんですかそれ、聞いてないですよ!?」

咏「えー、このコーナーでは京ちゃんに読みあげてもらうお便りを募集して、その中から1枚選んで京ちゃんに読みあげてもらうコーナーです」

京太郎「まさかのスルーですか!?っていうかそれ俺が恥かくだけじゃ」

咏「それじゃあ早速行ってみよっか!お便りはこれ!」



咏「って手渡すのはAD君なのねぃ。知らんけど」

AD(とりあえず深く考えず一気に行っちゃってください。照れが出るんで)ヒソヒソ

京太郎(わかりました、あんまり期待しないでくださいね?)ヒソヒソ

咏「なにこそこそしてんのかわっかんねーけど、早く!」

京太郎「ごほん。それじゃあ行きますよ」スゥ

京太郎「咏ちゃん愛しているぜぇ!!」


ドン!!


咏「へ」

京太郎「は」

京太郎「なんすかこれぇ!?」

\ワッハッハッハ/

京太郎「スタッフさん笑ってないでくださいよ!ねえ咏さん!?」

咏「ふにゃぁ」

京太郎「へ?」

咏「」コテン

京太郎「咏さあああん!?」

―――
――

京太郎「嫌な……事件だったね……」




京太郎「咏さん、唐突なんですけど昨日の収録の時でのアレなんだったんですか?」

咏「ブーッ!?」

京太郎「うわっ」

咏「い、いきなりなにわっかんねーこと言い出してんのかな京ちゃんは」

京太郎「いえ、だから昨日のラジオで俺が『咏ちゃんあいs』」

咏「ストップ!」

京太郎「はい」

咏「昨日は急にクラッっと来ただけ!それだけであって別に京ちゃんが言った台詞はかんけーないし!知らんけど!」

京太郎(そこで知らんっていったら俺に原因があったようにも取れる……)

京太郎「わかりました!言い方がいけなかったんですね?」

咏「は?」

京太郎「付き人の分際でちゃん付けだのだぜ口調だのってのがいけなかったんだ!つまり正しくはこう!」

京太郎「咏さん……愛してます」キリ

咏「へっ」ボンッ

京太郎「コレでどうですかー。って咏さん?」

咏「」プルプル

京太郎「ど、どうしました?まだ悪いところが」

咏「帰れー!」

京太郎「う、うわーすみません調子に乗りすぎましたー!」

咏「いーから、帰ってって!」

京太郎「ははは、はい失礼しますぅぅ」ピュー

ガチャタタタ

咏「はぁー。まったく京ちゃんは本当に」ニヤ

咏「顔がニヤつくの止まらねー。わっかんねー。ホントわっかんね」