「さーって、お次は私の番だねぃ?」

「……もう何が来ても驚きませんよ」

「そ、じゃとりあえずそのまま寝っ転がっててよ」

スルリ、と着物を脱ぐ。それだけなのに、なぜか一糸まとわぬ姿となっていた。

「それじゃ、失礼してーっと」

シックスナインの体勢を取るようにして、京太郎の上に覆いかぶさる。

「ちょーっと苦しいかもだけど、気にしないで欲しいかな?」

ぎゅうう、と太ももがゆっくりと首を絞める。
当然息苦しくなるわけだから振りほどこうとするが、体勢のせいか力が入らない。

「終わるまでは落とさないであげっから、すごくきもちーし、頑張ってねぃ?」

朦朧とした意識の中でも、京太郎の視線は一点に固定されていた。
年齢からは考えられない見た目通りの、ぷっくらとした恥丘。
そこは、漏れだした愛液によってぬらぬらと光っている。

「きょうたろー、ソコばっかみてる、変態♪」

「……にしても、命の危機だってのにどうしてこうおっきくしちゃうのかね?わっかんねー」

少し締める力を強めながら、男根をつんつんとつつく。

「ま、今まで味わったこと無い快感、教えてあげるよ?」

そう言うと、京太郎のソレを一気に根本まで咥え込む。

(きょうたろーので私のノド、犯されてるぅっ♪)

「ぷはっ、ふふほんとわっかんねー。どうして二回も出してんのにこんなにデカくて硬いん?」

「って、いまは答えられないか」

「まだ落ちてないよねー?ってうわ、ひっでー顔。白目向いちゃってる」

「まあそれがいいんだけどねぃ?」

「さっ、続けよ♪」

「んぐっ、れろ、ぶじゅっ」

酸欠状態の京太郎は、既に与えられる快感のことしか考えられなくなっている。
しかもそれは、普段では味わえないほど大きなもののように感じられるのだ。

(頭ん中ボーっとして、よくわかんね……)

一方の咏も、ディープスロートを繰り返す内に表情がとろけていく。

(これ、すご……♥喉の奥までぴっちりハメられて、息できないぃ♥)

「んぶぇっ、……けほっ、ちゅっ」

(んんっ、頭のなかまでチンポの匂いで侵されるぅ♥もうこれしか考えられなくなる……っ)

(欲しいっ、喉にきょーたろーのせーえき♥あつくてくっさいせーえき欲しいよぉっ)

(もう限界だろうし、そろそろイくはずじゃね?知らんけど♪)

徐々に首を絞める力も増していく。

(もう射精そうなのにっ、本気で落ちちまう……)

「じゅぽ、じゅるるっ、……んはぁっ」

(せーえき、せーえき、きょーたろーのせーえき♥)

「かはぁっ、で、射精るッ!」

「んんんっ、んぶうううっ!」

小さな口に入りきらない精液が逆流し、それでも行き場のない精液が鼻からも出てきてしまう。

「んは、きょーたろーのせーえき、おいし……♥」

「あれ、きょーたろー、落ちちゃった?あは、なんでかなー。わっかんねー♪」